チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第302回

「革命を起こすつもりなんだ。フランス人の革命ではなくて、英国人の革命を起こすんだ。神はそれぞれの部族に、反乱の様式を授けてくださっている。フランス人は、市の砦にむかって行進をする。英国人は、郊外にむかって行進をする。それも、ひとりで行進をする。でも、ぼくも世界をひっくり返すつもりだ。ぼくが逆立ちをして歩いていくのはアベコベの土地で、そこでは木も、人も、頭を下にして空からぶら下がっている。でも、ぼくの革命は、君たちの革命のように、地上の人々の革命のように、聖なる場所で、幸せな場所で終わることだろう。そこは天空の、信じがたい場所で、僕たちが以前いた場所なのだ」

 

“`I am going to have a revolution, not a French Revolution, but an English Revolution. God has given to each tribe its own type of mutiny. The Frenchmen march against the citadel of the city together; the Englishman marches to the outskirts of the city, and alone. But I am going to turn the world upside down, too. I’m going to turn myself upside down. I’m going to walk upside down in the cursed upsidedownland of the Antipodes, where trees and men hang head downward in the sky. But my revolution, like yours, like the earth’s, will end up in the holy, happy place— the celestial, incredible place—the place where we were before.’

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.