チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第309回

「それにしても、なぜ?」私は訊ねました。「その人形の家に戻りたいと思うのです? ノラのように、しきたりに対して大胆に挑んでいるのですよ。月並みな意味で、不面目な思いをされてまで、思いきって自由になろうとしているのではありませんか。それなのに自分の自由を謳歌しようとしないのですか? 現代の偉大な作家たちが指摘しているように、結婚と呼んでいるものは気分的なものにすぎません。そうしたものを置いてくる権利があなたにはあります。髪の毛を切るときのように。爪をとぐときのように。ひとたび抜け出したなら、世界が目の前に広がるのですよ。こうした言葉は奇妙なものに思えるかもしれませんが、ここロシアにおいて、あなたは自由なのです」

“`But why?’ I asked, `should you wish to return to that particular doll’s house? Having taken, like Nora, the bold step against convention, having made yourself in the conventional sense disreputable, having dared to be free, why should you not take advantage of your freedom? As the greatest modern writers have pointed out, what you called your marriage was only your mood. You have a right to leave it all behind, like the clippings of your hair or the parings of your nails. Having once escaped, you have the world before you. Though the words may seem strange to you, you are free in Russia.’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.