チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第313回

「もし僕の国に戻ったとしても」彼は大声をあげました。「家にたどりつく前に、精神病院に閉じ込められてしまうかもしれない。僕はこの時代を生きるには、少しばかり自由でありすぎた。なぜニーチェは、愚かしい旧プロイセン軍の列のなかで立っていたのか? なぜショーは、住宅街で禁酒時代の飲み物を飲んだのか? 僕がやっていることは、前例のないことなんだ。足を踏み入れている迂回路は人跡未踏の道だ。そこを打破してみせるとも。僕は革命家だから。けれど分からないのか。こんなふうに跳びはね、破壊してから逃げたところで、それはエデンに戻ろうとする試みに他ならない。かつて僕たちがいた地へ、聞いたことがある地へと。分からないのか? 塀をこわしたり、月を撃っているのは、家に戻るためにすぎないことが。」

「いいえ」私は熟考してから答えました。「そうした考えには納得できません」

“`And if I do go back to my country,’ he cried, `I may be locked up in a madhouse before I reach my own house. I have been a bit unconventional in my time! Why, Nietzsche stood in a row of ramrods in the silly old Prussian army, and Shaw takes temperance beverages in the suburbs; but the things I do are unprecedented things. This round road I am treading is an untrodden path. I do believe in breaking out; I am a revolutionist. But don’t you see that all these real leaps and destructions and escapes are only attempts to get back to Eden— to something we have had, to something we at least have heard of? Don’t you see one only breaks the fence or shoots the moon in order to get HOME?’

“`No,’ I answered after due reflection, `I don’t think I should accept that.’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.