サド「州民一同によって証言された不可解な事件」澁澤龍彦訳

フランス幻想小説傑作集収録 (白水社)

澁澤の解説を要約すれば、この短篇はサドが1814年に没してから100年以上経過した1926年に初めて刊行された短編小説集「小咄、昔噺、おどけ話」の一篇。書かれた時期はバスティーユの獄中にいた1789年から1788年だろうとのこと。

この短篇の主人公、ヴォージュール男爵はサド侯爵を思い出させると同時に、澁澤龍彦その人も重なるような人物である。ヴォージュ男爵に共感しているのはサド侯爵なのか、澁澤龍彦なのか…作家と訳者が混然としてくる一文である。

ヴォージュール男爵には度はずれな道楽への好みのほかに、あらゆる学問、とくにひとびとをしばしば誤りに陥らせ、もっとはるかに有効な使い道のある貴重な時間を、夢幻や幻想のうちに浪費せしめる学問への好みがあった。彼は錬金術師であり、占星術師であり、妖術師であり、降神術師であって、天文学者としても有能であったが、物理学者としては凡庸であった。

男爵は悪魔と取り引きをして、魂を約束するかわりに、六十歳にいたるまで幸福に生きる、金には困らない、絶倫の生殖力に恵まれることを保証してもらう。

そして60歳になった日…。

先日読んだ鏡花「薬草取」とはまったく異なる読後感「なぜ…なぜ、そんな」という思いに茫然としてしまう。そんな思いに答えるかのように、サドはこの短篇をこう締めくくる。

しかしながら、或る事実があまねく証明され、しかもそれが、このような異常な種類のものである時には、私たちは謙虚に頭をさげ、目を閉じて、次のように言うべきであろう。「いかにして諸天体が空間に浮遊しているのか、私は理解することができない。したがって、この地上にも私の理解し得ない事柄が多く存在するであろう。」

それまでの幸せを一瞬にして覆す力の存在に、その理解できない理不尽さに、ただただ言葉を失いつつ本を閉じる。

2018年5月25日読了

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2018年, 読書日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.