2018.07 隙間読書 ノヴァーリス『ザイスの学徒』山室静訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録


ノヴァーリスは1772年に生まれ、1791年にライプチヒ大学で法学、哲学、数学を修め、1793年にはヴィッテンベルク大学へ移り、司法試験に合格。

12歳の少女ゾフィーに出会い、婚約するも、1796年に彼女は病で亡くなる。その年、ノヴァーリスは鉱山学校に入学。鉱山学、地質学、鉱物学、化学を学んでいる。ノヴァーリスが亡くなったのは1801年、まだ27歳の若さであった。

『ザイスの学徒』には、ノヴァーリスのこうした自然への憧れが丁寧に書き記されている感がある。

しかしいやしくも自然に対して心からのあこがれを感じる者、彼女の中にすべてを求め、言わば自然の神秘な営みの多感な道具たろうとする者は、彼女については崇敬と信仰をもって語って、その言葉には真の福音、真の霊感を告げるしるしたる、模しがたい不思議な透徹性と緊密性がある人をのみ、おのれの師として、自然の友として認めるでしょう

理系の人らしい文の書き方!と思えば、あいだにはさまれている「ヒアシンスと花薔薇の童話」はメルヘンの世界である。

ヒアシンスという名前の若者、ヒアシンスが夢中になる花薔薇という少女。ふたりの仲のよさをからかう菫、飼い猫、小鼠、すぐり、蜥蜴の子たちの会話。ヒアシンスの心を虜にした魔法使いの老人の出現。なんとも不思議な登場人物たちである。

魔法使いがヒアシンスに渡した誰にも読めない本とは?森に住んでいるお婆さんによって、その本を燃やされたヒアシンスは「万物の母であるヴェールをした処女のところへ行く」と急に旅立つ。

ヒアシンスはたずね歩いた末に、探し求めた家を見つける。目の前に立つ天女のヴェールをかかげると、そこにいたのは花薔薇だった。二人は末永く幸せに暮らす。

…このような内容である。ノヴァーリスの、そして訳者山室静が名づけた可愛らしい名前のものたちにも、不思議な出来事にも、隠された意味があるだろうに…でも分からないと己の無知を悲しく思いながら本を閉じる。

読了日:2018年7月5日

 

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2018年, 読書日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.