チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第407回

「ずいぶんと悪趣味な話ながら明らかなことに、スミスという男はこの家の無邪気な女性にふさわしい相手として自分を紹介したのです。実際は結婚していたのに。仲間のグールド氏に賛成したいところですが、他のどの犯罪もこれに匹敵はしないでしょう。私たちの祖先が純粋さと呼んでいたものに決定的な倫理的価値があるのかどうかについて考えるとき、科学者はずいぶんと誇り高い躊躇をみせるのです。でも、いかなる躊躇もみせてはなりません。相手は女性にたいして残虐非道をおこなう下劣な市民です。科学の審判がこうした男にくだるのを楽しみにしようではありませんか?」

「パーシー牧師補が言及した女性はスミスとハイベリーで暮らしているそうだが、その女性とは彼がメイドンで結婚した相手と同一人物なのかもしれないし、それとも違う女かもしれない。もし短くも甘美な言葉が、いつでも心を安らかにしてくれ、不品行な人生に彼がおぼれていくことをさまたげるものなら、話せば長い過去の推測話を彼に聞き出すようなこともないだろう。推測される日付以降、ああ、なんとしたことだろうか。彼がどんどん深みにはまっていったのは、不貞と恥にふるえる沼地である。」

ピム博士は目をとじた。だが不幸なことに、この馴染みのある身ぶりに残された光はなく、無理もないが道徳上の効果もなかった。牧師補とともに一息ついてから、彼はつづけた。

「被告人が何度も、乱れた結婚をくりかえしたという最初の訴訟は」彼は説明した。「レディ・バリンドンから出されたものだ。彼女の言葉によれば、彼女はとても高貴な家の人間で、ノルマンや先祖代々の小塔から全人類を見ることが許されているらしい。彼女が送ってきた手紙によれば、以下のように続いている」

“It is therefore atrociously evident that the man Smith has at least represented himself to one innocent female of this house as an eligible bachelor, being, in fact, a married man. I agree with my colleague, Mr. Gould, that no other crime could approximate to this. As to whether what our ancestors called purity has any ultimate ethical value indeed, science hesitates with a high, proud hesitation. But what hesitation can there be about the baseness of a citizen who ventures, by brutal experiments upon living females, to anticipate the verdict of science on such a point?

“The woman mentioned by Curate Percy as living with Smith in Highbury may or may not be the same as the lady he married in Maidenhead. If one short sweet spell of constancy and heart repose interrupted the plunging torrent of his profligate life, we will not deprive him of that long past possibility. After that conjectural date, alas, he seems to have plunged deeper and deeper into the shaking quagmires of infidelity and shame.”

Dr. Pym closed his eyes, but the unfortunate fact that there was no more light left this familiar signal without its full and proper moral effect. After a pause, which almost partook of the character of prayer, he continued.

“The first instance of the accused’s repeated and irregular nuptials,” he exclaimed, “comes from Lady Bullingdon, who expresses herself with the high haughtiness which must be excused in those who look out upon all mankind from the turrets of a Norman and ancestral keep. The communication she has sent to us runs as follows:—

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.