チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第414回

しかし彼の言葉はそこで途切れました。トリップ氏が激しく突進してきたのです。次の瞬間、その大男は哀れなタイピストのレディを人形のようにさらい、オルガンの上に座らせると、すさまじい音をたてながら事務所の扉から駆けだしましたが、その様子は手押し車が天翔るようでした。事態を警察に通報しましたが、この呆れかえるような二人の影はどこにも見つけることはできませんでした。かえすがえすも残念でなりません。そのレディは感じがよいばかりだけではなく、自分の仕事に長けていたからです。ハンベリー&ブートルを退職する予定ですが、以上のことは記録に残して会社に預けていくつもりです。オーベリー・クラーク 出版社の校正者

but he never got any further. Mr. Trip made a sharp movement towards him, and the next moment the giant picked up the poor lady typewriter like a doll, sat her on top of the organ, ran it with a crash out of the office doors, and raced away down the street like a flying wheelbarrow. I put the police upon the matter; but no trace of the amazing pair could be found. I was sorry myself; for the lady was not only pleasant but unusually cultivated for her position. As I am leaving the service of Messrs. Hanbury and Bootle, I put these things in a record and leave it with them. (Signed) Aubrey Clarke, Publishers’ Reader.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.