チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第416回

その状況を別の表現で申し上げます。講義のなかば頃には、他の女教師たちにも、私にも、その男の頭はすっかりいかれていることが明らかになりました。彼は理性的に語り始めました。場所にゆかりのある名前、職業にゆかりのある名前の二つについて取り上げてから、こう言いました(とても親しみやすい講義であったことは申し添えておきます)。名前におけるすべての意味は失われてしまい、その喪失は文明の弱体化だと言うのです。それでも彼は落ち着いて語り続け、場所にゆかりのある名前をもつ男はその場所に行って住むべきであり、職業にゆかりのある名前をもつ男は即座のその職業につくべきだと言ったのです。さらには色にちなんだ名前の人々はその色の服をいつも着るべきだし、ビーチ(ブナ)やローズな木や植物にちなんだ名前の人々は、そうした植物を飾って暮らすべきだとも言いました。

To put the matter otherwise, by the time that he was halfway through it became apparent to the other mistresses and myself that the man was totally and entirely off his head. He began rationally enough by dealing with the two departments of place names and trade names, and he said (quite rightly, I dare say) that the loss of all significance in names was an instance of the deadening of civilization. But then he went on calmly to maintain that every man who had a place name ought to go to live in that place, and that every man who had a trade name ought instantly to adopt that trade; that people named after colours should always dress in those colours, and that people named after trees or plants (such as Beech or Rose) ought to surround and decorate themselves with these vegetables.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.