チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第427回

だが思うのだが、現代におけるひどい詩人について広く研究すれば「赤い栄光の輪をいだき」とか「情熱的な赤の輪をいだき」が「頂き」と韻をふんでいる行だと推測可能だろう。この事例をもう一度考察してみると、スミスが恋におちたのは赤褐色や濃いとび色の少女だと思えるだけの理由が十分にある。いくぶん」彼は言いながら、食卓に目をおとしました。「いくぶんミス・グレイの髪のような色だ」

サイラス・ピムは前かがみになって目をつぶると、衒学趣味の質問を用意した。だがモーゼス・グールドは鼻に人差し指をあてると、ひどく驚いた表情をみせたが、きらきらした目には知性がひかった。

But I think that a wide study of the worst modern poets will enable us to guess that `ringed with a glory of red,’ or `ringed with its passionate red,’ was the line that rhymed to `head.’ In this case once more, therefore, there is good reason to suppose that Smith fell in love with a girl with some sort of auburn or darkish-red hair—rather,” he said, looking down at the table, “rather like Miss Gray’s hair.”

Cyrus Pym was leaning forward with lowered eyelids, ready with one of his more pedantic interpellations; but Moses Gould suddenly struck his forefinger on his nose, with an expression of extreme astonishment and intelligence in his brilliant eyes.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.