チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第438回

答えは一つあるのだが、残念ながら、その答えを気に入っていただけないかもしれない。もしイノセントが幸せだとするなら、それは彼に悪意がない(イノセント)からだ。もし彼がしきたりに挑んだとしても、それは彼が掟を守るからだ。彼のやりたいこととは殺しではなくて、人生にわくわくすることだから、学校にかよう男の子のようにピストルにわくわくするんだ。彼が盗みをしたがらないのも、隣人の品物を欲しがらないのも、たくらみを企てたからなんだ。(ああ、その企みに私たちはどれほど憧れていることか)自分の品物を自分のものにしたがるというたくらみなんだ。彼がロマンスをもとめるのは、不義を働きたいからではないんだ。彼が百回もハネムーンをくりかえすのは、ただ一人の妻を愛しているからなんだ。もし彼が本当に男を殺したのなら、本当に女を見捨てたのなら、ピストルのことも、ラブレターのことも歌のように感じることはありえないだろう。少なくとも喜劇の歌のようには感じないだろう。

“There is but one answer, and I am sorry if you don’t like it. If Innocent is happy, it is because he IS innocent. If he can defy the conventions, it is just because he can keep the commandments. It is just because he does not want to kill but to excite to life that a pistol is still as exciting to him as it is to a schoolboy. It is just because he does not want to steal, because he does not covet his neighbour’s goods, that he has captured the trick (oh, how we all long for it!), the trick of coveting his own goods. It is just because he does not want to commit adultery that he achieves the romance of sex; it is just because he loves one wife that he has a hundred honeymoons. If he had really murdered a man, if he had really deserted a woman, he would not be able to feel that a pistol or a love-letter was like a song— at least, not a comic song.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 2018年, 読書日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.