チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第441回

彼は頭にシルクハットをのせ、穏やかな様子で庭の門へと向かったが、ピムの泣き叫ぶ声がそのあとを追いかけた。

「でも本当のところ、君から数フィートのところを弾はかすめたじゃないか」

すると他の声もそれにつづいた。「弾が彼をかすめたのは数年前のことじゃないか」

長く、無意味な沈黙がたちこめた。それからムーンは唐突に言った。「じゃあ、ぼくたちは幽霊とずっと一緒に座っていたというわけだ。ハーバート・ウォーナー医師は、数年前に死んだということになるんだから」

He had settled his silk hat on his head and gone out sailing placidly to
the garden gate, while the almost wailing voice of Pym still followed him:
“But really the bullet missed you by several feet.” And another voice added:
“The bullet missed him by several years.”

There was a long and mainly unmeaning silence, and then
Moon said suddenly, “We have been sitting with a ghost.
Dr. Herbert Warner died years ago.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.