チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第442回

Ⅴ章 どのようにして、つむじ風がビーコン・ハウスから出ていったか?

メアリーは、ダイアナとロザムンドにはさまれながら、ゆっくりと庭を歩いた。三人ともおし黙ったままだった。やがて太陽が落ちた。西の端を照らす残照は温かみのある白色で、クリーム・チーズとしか例えようのない色だった。稜線をよぎっていく羽毛に似た雲は漠としていながら、でも鮮やかな菫色の輝きをはなって、その様子は菫色にたなびく煙のようだった。のこりの景色はすべておしながされ、鳩のような灰色へとかわっていった。そして溶けこんでメアリーの薄墨色の影になって、ついには庭や空の衣服をまとっているように見えた。こうした最後の静かな色が、彼女の背景となり、至高さをそえていた。やがて薄明かりがダイアナの威厳ある姿も、ロザムンドの華やかな衣装も隠して、彼女をうかびあがらせ、彼女を庭のレディにも、そしてひとりにも見せていた。

Chapter V

How the Great Wind Went from Beacon House

Mary was walking between Diana and Rosamund slowly up and down the garden; they were silent, and the sun had set. Such spaces of daylight as remained open in the west were of a warm-tinted white, which can be compared to nothing but a cream cheese; and the lines of plumy cloud that ran across them had a soft but vivid violet bloom, like a violet smoke. All the rest of the scene swept and faded away into a dove-like gray, and seemed to melt and mount into Mary’s dark-gray figure until she seemed clothed with the garden and the skies. There was something in these last quiet colours that gave her a setting and a supremacy; and the twilight, which concealed Diana’s statelier figure and Rosamund’s braver array, exhibited and emphasized her, leaving her the lady of the garden, and alone.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.