チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第446回

「強い風が吹いてきたわ」ロザムンドがふと言った。「むこうの木を見て。ずっとむこうの木よ。雲も飛んでいくように流れている」

「何を考えているのか察しがつくけど」マリーは言った。「愚かな馬鹿者にはならないでほしいの。女作家に耳をかたむけてはだめよ。王の道を進んでいきなさい。絶対的真理をもとめて。そう、絶対的真理をもとめるのよ。たしかに私の愛するマイケルはしょっちゅうだらしない。アーサー・イングルウッドもさらにひどいし、だらしないでしょうよ。それにしても、あの木も、雲も何のためにあるのかしら?ねえ、ばかなお転婆娘さん」

「雲も、木もみんな揺れているわ」ロザムンドは言った。「嵐が来るわよ。でも嵐のせいで、どいうわけか、わくわくしてしまう。マイケルも嵐のようなものね。彼のせいで怖くなるんだけど、幸せも感じるのよ」

“There is a gale getting up,” said Rosamund suddenly. “Look at those trees over there, a long way off, and the clouds going quicker.”

“I know what you’re thinking about,” said Mary; “and don’t you be silly fools. Don’t you listen to the lady novelists. You go down the king’s highway; for God’s truth, it is God’s. Yes, my dear Michael will often be extremely untidy. Arthur Inglewood will be worse—he’ll be untidy. But what else are all the trees and clouds for, you silly kittens?”

“The clouds and trees are all waving about,” said Rosamund. “There is a storm coming, and it makes me feel quite excited, somehow. Michael is really rather like a storm: he frightens me and makes me happy.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.