アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.3

フットパスは岩がむきだしの、石垣がめぐらされた傾斜地へとのびていた。そこには崩れた小屋が散見され、高さのある鉱柱や、黒ずんだ灰の山が、ひとけのない鉱山の風景のなかに残されていた。かすかな霧が東の方からたちこめてきたのも束の間、すぐに闇が深くなった。さて、こんな場所で、こんな時間に道を見失えば、途方にくれるのは間違いない。フットパスは、踏み跡も消えかけているから、もう十分もすれば、識別できなくなるだろう。不安にかられて先のことを考えつつも、どこかに家らしい影が見えるかもしれないという期待をいだき、次々に石を蹴飛ばして急ぎ歩くうちに、屋敷の庭をかこんでいる柵にぶつかった。柵ぞいにすすむうちに、頭上には葉をおとした枝が広がり、足もとでは枯れ葉が乾いた音をたてた。ほどなくして小道が分かれている地点にきた。片方の道は柵ぞいにつづき、もう片方の道は出入り自由な牧草地のほうへとのびていた。

どの道をすすめばいい?

柵ぞいに歩いていけば、門番の小屋がきっとあるだろうから、そこでピット・エンドへの道を尋ねることができるだろう。でも、この屋敷の庭がどのくらい広いのか見当もつかないから、ずいぶん歩いた挙げ句、ようやく一番近い門番の小屋に着くことになるかもしれない。では、草地の小道はどうかと考え直してみたが、この道もピット・エンドへは行かないで、まったく正反対の方向にむかうことになるかもしれない。だが、躊躇している時間はなかった。そこで牧草地の道を選んだが、その道のむこうは、白くぼんやりとした霧のなかに消えていた。

It led me across a barren slope divided by stone fences, with here and there a group of shattered sheds, a tall chimney, and a blackened cinder-mound, marking the site of a deserted mine. A light fog, meanwhile, was creeping up from the east, and the dusk was gathering fast.

Now, to lose one’s way in such a place and at such an hour would be disagreeable enough, and the footpath-a trodden track already half obliterated-would be indistinguishable in the course of another ten minutes. Looking anxiously ahead, therefore, in the hope of seeing some sign of habitation, I hastened on, scaling one stone stile after another, till I all at once found myself skirting a line of park-palings. Following these, with bare boughs branching out overhead and dead leaves rustling underfoot, I came presently to a point where the path divided; here continuing to skirt the enclosure, and striking off yonder across a space of open meadow.

Which should I take?

By following the fence, I should be sure to arrive at a lodge where I could enquire my way to Pit End; but then the park might be of any extent, and I might have a long distance to go before I came to the nearest lodge. Again, the meadow-path, instead of leading to Pit End, might take me in a totally opposite direction. But there was no time to be lost in hesitation; so I chose the meadow, the further end of which was lost to sight in a fleecy bank of fog.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.