アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.5

彼はどうなったんだ? それから、あの若者は何者だろう。わたしが通ってきたばかりの道をやってくるじゃないか? 若者は長身で、駆けたかと思えば歩いて、釣り竿を一本肩にかついでいる。 誓ってもいいが、あの若者に出くわしたこともなければ、追いこした覚えもなかった。では、若者はどこから来たのか? それに、 話しかけてから三秒もたっていないのに、あの男はどこにいったのか? しかも片足をひきずりながら歩いているのだから、二ヤードも進めないはずではないか? 茫然とするあまり、わたしは立ちつくしたまま、釣り竿をかついだ若者が庭園の塀の影に消えるまで、その姿を見おくった。

わたしは夢をみているのだろうか?

暗闇が、ほどなくして忍びよってきた。夢をみているにせよ、夢をみていないにせよ、前に進まなくてはいけない。そうしなければ行き倒れてしまう。わたしは急いで前方へと歩きだし、日没間際のかすかな日の光に背をむけると、踏み出すことに深くなっていく霧の中へと飛び込んでいった。しかしながら、旅の終わりは近づいていた。フットパスは回転木戸のところで終わっていた。小道の奥ではー小石や轍によろめきながら、私は小道を歩いたー、鍛治場の炉から、歓迎の閃光が見えてきた。

それなら、ここがピット・エンドだ。乗ってきた馬車が、村の宿屋の入口のところにとめられている。灰色のやせ馬は、夜の間、家畜小屋にいれられるのだろう。宿屋の主人がわたしが到着する様子をながめていた。

What had become of him? And what lad was that going up the path by which I had just come-that tall lad, half-running, half-walking, with a fishing-rod over his shoulder? I could have taken my oath that I had neither met nor passed him. Where then had he come from? And where was the man to whom I had spoken not three seconds ago, and who, at his limping pace, could not have made more than a couple of yards in the time? My stupefaction was such that I stood quite still, looking after the lad with the fishing-rod till he disappeared in the gloom under the park-palings.

Was I dreaming?

Darkness, meanwhile, had closed in apace, and, dreaming or not dreaming, I must push on, or find myself benighted. So I hurried forward, turning my back on the last gleam of daylight, and plunging deeper into the fog at every step. I was, however, close upon my journey’s end. The path ended at a turnstile; the turnstile opened upon a steep lane; and at the bottom of the lane, down which I stumbled among stones and ruts, I came in sight of the welcome glare of a blacksmith’s forge.

Here, then, was Pit End. I found my trap standing at the door of the village inn; the rawboned grey stabled for the night; the landlord watching for my arrival.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 怪談, 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.