アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.12

自分が何を言ったのか殆ど覚えていないが、簡潔な、ともかく厳めしい言葉だった。そんな言葉をいうと、ミスター・スケルトンと学校に背をむけて、村へと急ぎ足で戻った。

丘のふもとに近づいたとき、栗毛の気取った馬にひかれた二輪馬車が「グレイハウンド亭」の扉に駆けつけた。そしてその次の瞬間には、ベイリオル学寮のウォルステンホルムと握手をかわしていた。ベイリオル学寮のウォルステンホルムの端麗な顔立ちは相変わらず、何気なくお洒落なところも同じで、オックスフォードで会ったときより一日たりとも老いたようには見えなかった。彼は両手を握りしめてくると、これから三日間、わたしは客分であると宣言し、ただちにブラックウォーター・チェイスまで送ると言い張った。徒労に終わったが、明日、ドラムリーのなかでも10マイルはなれた二校を調べる予定だと説明した。ドラムリーでは、馬と馬車が待っている。それに「フェザーズ」では部屋が用意されている。だがウォルステンホルムは、辞退する言葉を一笑に付した。

「まあ、君」彼はいった。「馬をやって、その馬に『フェザーズ』への伝言をつけておけばいいじゃないか。それから電報も二通、ドラムリーの駅から二つの学校へ急いで打つんだ。

『不測の事態が発生し、調査は来週に延期になりました』こう言うと、彼は主人顔をしながら、わたしの旅行かばんをマナーハウスに届けるように地主に言いつけた。それから二輪馬車にわたしをおしこみ、栗毛馬に鞭をあてた。するとブラックウォーター・チェイスにむかって、馬車はがたごと走りはじめた。

 

I scarcely knew what I said; something short and stern at all events. Then, having said it, I turned my back upon Mr Skelton and the schools, and walked rapidly back to the village.

As I neared the bottom of the hill, a dog-cart drawn by a high-stepping chestnut dashed up to the door of the ‘Greyhound’, and the next moment I was shaking hands with Wolstenholme, of Balliol. Wolstenholme, of Balliol, as handsome as ever, dressed with the same careless dandyism, looking not a day older than when I last saw him at Oxford! He gripped me by both hands, vowed that I was his guest for the next three days, and insisted on carrying me off at once to Backwater Chase. In vain I urged that I had two schools to inspect tomorrow ten miles the other side of Drumley; that I had a horse and trap waiting; and that my room was ordered at the ‘Feathers’. Wolstenholme laughed away my objections.

My dear fellow,’ he said, ‘you will simply send your horse and trap back with a message to the “Feathers”, and a couple of telegrams to be dispatched to the two schools from Drumley station.

Unforeseen circumstances compel you to defer those inspections till next week!’.And with this, in his masterful way, he shouted to the landlord to send my portmanteau up to the manor-house, pushed me up before him into the dog-cart, gave the chestnut his head, and rattled me off to Backwater Chase.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 怪談, 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.