アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.13

陰気で古色蒼然とした、大きいけれど人気のない建物が高々と、周囲が六、七マイルほどの鹿狩猟苑の中央に姿をあらわした。葉を落とした樫の木の通りがその建物につづいていた。苑地のなかでも、最もわびしい地にいる悲しみにしずむ鷺や憑りつかれたアジサシが、その領地のブラックウォーター・チェイスという名の由来になっていた。実際のところ、その場所は英国北部のマナーハウスというよりは、国境の要塞という方がふさわしかった。

ウォルステンホルムは、昼食後、絵画陳列室と居間に案内してくれ、さらにそのあと苑内を馬で乗りまわした。夜、わたしたちは上階の端にある樫の木でできた大きなホールで夕食をとった。そこには鹿の角がかけられ、戦で使用した時代遅れの鎧や武器、娯楽の品の類が飾られていた。

「さて明日」主が提案したのは、クラレットを口にしながら腰をおろし、燃えさかる炉の炎のまえにしたときであった。「明日、まあまあの天気なら、ムーアで一日猟をしよう。そして金曜日には、これはもう一日長く滞在することに同意してくれたならの話だが、君をブルームヘッドまで車で案内して、公爵の猟犬をつれて馬を走らそう。猟はしないって? そんな君、野暮なことを言うんじゃないよ。このあたりでは、だれもが猟をしているのだから。ところで炭鉱に行ったことはあるか? ないだと? それなら新しい体験が君を待っている。君をカーショルトンの立抗に連れて行って、子鬼とトロールの家を見せよう」

「カーショルトンも、君の炭鉱のひとつなのか?」わたしは訊いた。

「この炭鉱は全部ぼくのものだ」彼は答えた。「ぼくは死者の国ハデスの王で、地上と同様に地下も支配しているというわけだ。ムーアの下の至る所に鉱山がある。このたり一面が、立坑と坑道で蜂の巣のような有様だ。我が鉱層のなかでも、豊かな鉱層のひとつがこの家の下を走っている。 40人以上の男たちが作業に従事しているんだよ、わたしたちのこの足元、四分の一マイルのところで、 それも毎日だ。もうひとつ鉱層が、苑内の地下を走っているけど、それがどのくらいのものかは、神のみぞ知るだろう。父は二十五年前にこの事業をはじめた。それからずっと続けてきている。それでも炭鉱は衰える気配はない」

「君は、親切な妖精がついている王子様と同じくらいに金持ちにちがいない。」

 彼は肩をすくめてみせた。

「そうだね」彼は軽くいなした。「ぼくは十分金持ちだよ。どんな馬鹿げたことでも意のままにやれる。そういう身だから、話のたねはつきない。たしかに、いつも金をつかっている。いつも世界中をほっつき歩いている。いつもやりたいことは即座に満足させている。でも、それが幸せなものかなあ? それはさておき、ぼくはこの十年間、ある実験を手がけてきた。その結果とは? 見たくないかい?」

It was a gloomy old barrack of a place, standing high in the midst of a sombre deer-park some six or seven miles in circumference. An avenue of oaks, now leafless, led up to the house; and a mournful heron-haunted tarn in the loneliest part of the park gave to the estate its name of Blackwater Chase. The place, in fact, was more like a border fastness than an English north-country mansion. Wolstenholme took me through the picture gallery and reception rooms after luncheon, and then for a canter round the park; and in the evening we dined at the upper end of a great oak hall hung with antlers, and armour, and antiquated weapons of warfare and sport.

‘Now, tomorrow,’ said my host, as we sat over our claret in front of a blazing log-fire; ‘tomorrow, if we have decent weather, you shall have a day’s shooting on the moors; and on Friday, if you will but be persuaded to stay a day longer, I will drive you over to Broomhead and give you a run with the Duke’s hounds. Not hunt? My dear fellow, what nonsense! All our parsons hunt in this part of the world. By the way, have you ever been down a coal pit? No?

Then a new experience awaits you. I’ll take you down Carshalton shaft, and show you the home of the gnomes and trolls.’

‘Is Carshalton one of your own mines?’ I asked.

‘All these pits are mine,’ he replied. ‘I am king of Hades, and rule the under world as well as the upper. There is coal everywhere underlying these moors. The whole place is honeycombed with shafts and galleries. One of our richest seams runs under this house, and there are upwards of forty men at work in it a quarter of a mile below our feet here every day. Another leads right away under the park, heaven only knows how far! My father began working it five-and-twenty years ago, and we have gone on working it ever since; yet it shows no sign of failing.’

‘You must be as rich as a prince with a fairy godmother!’

He shrugged his shoulders.

‘Well,’ he said, lightly, ‘I am rich enough to commit what follies I please; and that is saying a good deal. But then, to be always squandering money-always rambling about the world—always gratifying the impulse of the moment-is that happiness? I have been trying the experiment for the last ten years; and with what result? Would you like to see?’


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 怪談, 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.