アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.15

翌日、わたしをもてなすためにつくられた予定にしたがって、原野で七時間ほど雉撃ちをした。その翌日は、朝食前にカーショルトン鉱山に降りていき、朝食後はピクト・キャンプと呼ばれている十五マイル離れた場所まで乗馬することになっていた。そこにはストーンサークルや先史時代の遺跡の跡など見るべきものがあった。

野外スポーツに慣れていないものだから、銃をかまえて七時間過ごしたあと、わたしはぐっすり熟睡した。翌朝、ウォルステンホルムの召使いが寝台のかたわらにやってきても、なかなか起きることができなかったが、その召使いは、わたしがハデスの国へと下りていくときに身につける防水服を手にしていた。

「ウォルステンホルム様からのことづてでございます、サー。戻ってきてから入浴をされた方がよいと伝えてくれとのことでございました」召使いはそう言いながら、椅子の背にかけてある上品さに欠けた衣服を片づけたが、最上の夜会服を並べているかのような手つきであった。「それから防水服の下は暖かいものを着込んだほうがよかろうとのことでした。炭鉱のなかは凍える寒さでございますからね」

 わたしは不承不承、防水服をたしかめた。その朝は霜が降りていた。地球の内部に沈んでいる採鉱地は寒く、審査会も、不潔さも、魅力的とは言いがたいものだった。どちらかと言えば、行きたくないのだと打ち明けるべきだろうか? わたしは躊躇した。だが躊躇っているあいだに、礼儀正しい召使いの姿は消えてしまい、わたしが言い出す機会は失われた。ぶつぶつ文句を言いつつ、身を震わせながら、わたしは起き上がると、冷たく輝いている服を身につけて階下へ行った。

 不平の声が耳に入ってきたのは、朝食をとる部屋に近づいたときだった。中に入ってみると、目に飛びこんできたのは十人くらいの、逞しい炭鉱労働者たちが扉のところにたむろしている姿であった。そしてウォルステンホルムはどこか深刻な表情をうかべ、炉辺の火に背中をむけていた。

 「この有様だよ、フレイザー」彼はそう言うと、短く笑った。「何ともうれしい知らせが入ってきた。ブラックウォーター湖の水底がひらいたんだ。湖は、夜のうちに消えてしまった。鉱山は大洪水だ。今日、カーショールトン鉱山見学の予定はご破算だ。」

「ジュークの鉱山には、水が七フィートも。北と南の古い坑道には八フィートも。」うなり声をあげた赤毛の大男は、どうやら親方のように思えた。

「それにしても夜に起きたのは神様のお慈悲ってもんだ。もし昼間なら、みんな今頃、死人になっているだろうよ」別の男が言った。

 「そのとおりだとも」ウォルステンホルムは言うと、その男に相槌をうった。「おまえたちは、罠にかかった鼠のように溺れていただろうよ。だから運命に感謝しないとな。これはそれほど酷いわけではない。さあ、だから今からポンプで汲み上げるんだ。さいわい、どうすればいいかということも、どのようにすればいいのかということも承知している。」

 そう言いおえると、彼は愛想よく頷きながら男たちを追い立て、何度も何度も際限なくエールを注文した。わたしは耳をかたむけながらも驚愕していた。湖が消えただと! 信じられない。しかしウォルステンホルムの説明によれば、けっして他にない現象というものでもないらしい。鉱山のある地域では、河も消滅したことがあった。そして時々、地面は裂けるだけではなく、しばしば崩れ落ち、家ばかりか村をまるごと埋めつくして廃墟として名高いものになった。だが、こうした家屋の基礎は、よく知られていることだが、破壊力がおしよせる直前まで持ちこたえることはなかった。だから、こうした災害がおきても、人々の命が失われる事態にはあまり至らなかった。

 「さあ、もういい」彼は何気ない口調で言った。「君の変わった服を脱ぎたまえ。今朝は、僕もずっと仕事をするしかない。まあ、湖が消えるのは毎日というわけではない。とにかく水汲みを再開しないといけない」

 朝食が終わると、わたしたちは鉱山の口まで行って、男達がポンプを固定する様子をながめた。

Next day, according to the programme made out for my entertainment, we did some seven hours’ partridge-shooting on the moors; and the day next following I was to go down Carshalton shaft before breakfast, and after breakfast ride over to a place some fifteen miles distant called Picts’ Camp, there to see a stone circle and the ruins of a prehistoric fort.

Unused to field sports, I slept heavily after those seven hours with the guns, and was slow to wake when Wolstenholme’s valet came next morning to my bedside with the waterproof suit in which I was to effect my descent into Hades.

‘Mr Wolstenholme says, sir, that you had better not take your bath till you come back,’ said this gentlemanly vassal, disposing the ungainly garments across the back of a chair as artistically as if he were laying out my best evening suit. ‘And you will be pleased to dress warmly underneath the waterproofs, for it is very chilly in the mine.’

I surveyed the garments with reluctance. The morning was frosty, and the prospect of being lowered into the bowels of the earth, cold, tasting, and unwashed, was anything but attractive.

Should I send word that I would rather not go? I hesitated; but while I was hesitating, the gentlemanly valet vanished, and my opportunity was lost. Grumbling and shivering, I got up, donned the cold and shiny suit, and went downstairs.

A murmur of voices met my ear as I drew near the breakfast-room. Going in, I found some ten or a dozen stalwart colliers grouped near the door, and Wolstenholme, looking somewhat serious, standing with his back to the fire.

‘Look here, Frazer,’ he said, with a short laugh, ‘here’s a pleasant piece of news. A fissure has opened in the bed of Blackwater tarn; the lake has disappeared in the night; and the mine is flooded! No Carshalton shaft for you today!’

‘Seven foot o’ wayter in Jukes’s seam, an’ eight in th’ owd north and south galleries,’ growled a huge red-headed fellow, who seemed to be the spokesman.

‘An’ it’s the Lord’s own marcy a’ happened o’ noight-time, or we’d be dead men all,’ added another.

‘That’s true, my man,’ said Wolstenholme, answering the last speaker. ‘It might have drowned you like rats in a trap; so we may thank our stars it’s no worse. And now, to work with the pumps! Lucky for us that we know what to do, and how to do it.’

So saying, he dismissed the men with a good-humoured nod, and an order for unlimited ale.

I listened in blank amazement. The tarn vanished! I could not believe it. Wolstenholme assured me, however, that it was by no means a solitary phenomenon. Rivers had been known to disappear before now, in mining districts; and sometimes, instead of merely cracking, the ground would cave in, burying not merely houses, but whole hamlets in one common ruin. The foundations of such houses were, however, generally known to be insecure long enough before the crash came; and these accidents were not therefore often followed by loss of life.

‘And now,’ he said, lightly, ‘you may doff your fancy costume; for I shall have time this morning for nothing but business. It is not every day that one loses a lake, and has to pump it up again!’

Breakfast over, we went round to the mouth of the pit, and saw the men fixing the pumps.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.