アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.16

そのあと、作業が順調に進んだので、わたしたちは庭園を横切って大災害の様子をながめに出かけた。道は、家から木々の生い茂る高台へとのびていた。その高台をこえると、湖へとつづいている広々とした湿地があらわれた。この湿地に踏みいれたとき-ウォルステンホルムはしゃべり続け、この出来事を笑い飛ばそうとしていた-、長身の、やせた少年が、肩に釣り竿をかついで、脇の小道から右手の方へとあらわれた。そして長い坂の途中にある広々とした場所を横切ったかと思うと、むかいの木々の幹のあいだに消えた。すぐに彼のことを思いだした。先日、草地で校長に出くわした直後に見かけた少年だ。

「もし、あの少年が君の湖で釣りをするつもりなら」わたしは言った。「自分の失敗に気がつくだろうね」

「どの少年のことか?」ウォルステンホルムは訊ねながら、うしろを振りかえった。

「そこを横切った少年だよ、一分くらい前に」

「そこだって? ぼくたちの前ということか?」

「そうだとも。君も彼を見たはずじゃないか?」

「いや、ぼくは見ていない」

「彼が目に入らなかったのか? 背の高い、やせた少年だよ。灰色の服を着て、肩に釣り竿をかついでいたじゃないか。アカマツのむこうに消えてしまったけど」

 ウォルステンホルムは呆気にとられ、わたしを見つめた。

「君は夢をみているんだ!」彼は言った。「生きているものは何も、兎一匹と言えども、ぼくたちが庭の門をくぐってからは横切っていないよ」

「目をあけたまま夢をみる習慣なんかない」わたしは即座に言い返した。

 彼は笑い声をあげると、わたしの肩に手をまわした。

「目をあけていたのか、それともつぶっていたのか知らないが」彼は言った。「今回、君は幻想を見ていたんだよ」

幻想。あの校長もつかっていた言葉ではないか! これはどういうことなのだろうか? 実際のところ、わたしの感覚にもとづく証言はもう頼りにできないのだろうか? つきぬ不安がわきあがり、わたしの胸中にひろがった。本屋のニコリーニの幻想を思い出したり、よく似た他の視覚的幻想の例を思い出しりした。突如として同じような苦しみを味わう羽目になったのかと自問した。

「おや! これは奇妙な光景だ」ウォルステンホルムは叫んだ。その声で、わたし達が湿地をぬけ、昨日まではブラックウォーターの湖だったところの湖底が眼下に姿をあらわしていることに気がついた。

Later on, when the work was fairly in train, we started off across the park to view the scene of the catastrophe. Our way lay far from the house across a wooded upland, beyond which we followed a broad glade leading to the tarn. Just as we entered this glade-Wolstenholme rattling on and turning the whole affair into jest-a tall, slender lad, with a fishing-rod across his shoulder, came out from one of the side paths to the right, crossed the open at a long slant, and disappeared among the tree-trunks on the opposite side. I recognized him instantly. It was the boy whom I saw the other day, just after meeting the schoolmaster in the meadow.

‘If that boy thinks he is going to fish in your tarn,’ I said, ‘he will find out his mistake.’

‘What boy?’ asked Wolstenholme, looking back.

‘That boy who crossed over yonder, a minute ago.’

‘Yonder!-in front of us?’

‘Certainly. You must have seen him?’

‘Not I.’

‘You did not see him?-a tall, thin boy, in a grey suit, with a fishing-rod over his shoulder. He disappeared behind those Scotch firs.’

Wolstenholme looked at me with surprise.

‘You are dreaming!’ he said. ‘No living thing-not even a rabbit-has crossed our path since we entered the park gates.’

‘I am not in the habit of dreaming with my eyes open,’ I replied, quickly.

He laughed, and put his arm through mine.

‘Eyes or no eyes,’ he said, ‘you are under an illusion this time!’

An illusion-the very word made use of by the schoolmaster! What did it mean? Could I, in truth, no longer rely upon the testimony of my senses? A thousand half-formed apprehensions flashed across me in a moment. I remembered the illusions of Nicolini, the bookseller, and other similar cases of visual hallucination, and I asked myself if I had suddenly become afflicted in like manner.

‘By Jove! this is a queer sight!’ exclaimed Wolstenholme. And then I found that we had emerged from the glade, and were looking down upon the bed of what yesterday was Blackwater Tarn.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 怪談, 英国怪談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.