アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.17

実に奇妙な光景がひろがっていた。細長く、かたちも不ぞろいな、黒々とした粘土質の土がたまった池がひとつあった。池の岸辺には、高さも不揃いなガマが繁茂していた。少し離れた鉱山の入り口のあたりにはーわたし達が立っている場所から四分の一マイルも離れていなかったー、茫然として見つめる群衆が集まってきていた。ピット・エンドのすべての人々がーただしポンプ作業の男達は別だがー、その場所に姿をみせ、消えた湖の湖底を見つめているように思えた。

ウォルステンホルムが近づくと、人々は帽子をさっと取り、お辞儀をした。彼は微笑みをうかべ、みんなに陽気な言葉をかけた。

「やあ」彼は言った。「あの湖を探しているのかい? 探すなら、カールシャルトン鉱山に行かないといけないよ。じつにむごい眺めだ、君たちが訴えにきたのは」

「たしかにむごいものさあ、旦那様」革製の前かけをした、がっしりとした体躯の鍛冶屋が答えた。「でも、あっちのほうがむごたらしいや、泥土よりもね。 むこうにあるものの方がずっと」

「泥土よりもむごい眺めだと?」ウォルステンホルムは繰りかえした。

「まあ、ここに来て見るといいよ、旦那さま。お前様の小さなポンプがばしゃばしゃ跳ねあげているが、そのむこうを見るといい。何か見えるだろう?」

「丸太が一本見えているなあ。くさった丸太が半分、泥に突き刺さっている。残り半分は、泥から突き出ているじゃないか」ウォルステンホルムは言った。「なにかが見える。見たところ、長い葦のようだが……おや、あれは釣り竿にちがいない!」

「たしかに釣り竿だ、旦那さま」鍛冶屋は語気も強く言った。「もしお前様が、あの腐った木に見えるものが遺体であるはずがないとでも言ってみろ、おれは二度とハンマーを手にせんぞ!」

見物人からも、同意のざわめきがおきた。「あれは遺体だよ。たしかに。」疑念をはさむ者は誰もいなかった。ウォルステンホルムは、両の手で漏斗をつくって、その手のあいまから長いあいだ凝視していた。

「なんであれ、出現したものにちがいない」彼はやがて言った。「泥は五フィートあるんだな? ここにある一ソブリン金貨をあげようではないか! 泥をかきわけて、あそこにあるものを最初に岸まで引き上げてくれた者ふたりに」鍛冶屋ともうひとりの男が靴と靴下をぬぎ、ズボンの裾をおりまげて、ただちにその中に入っていった。

足を一歩踏み入れると、足首より上まで泥に埋もれた。杖で深さをはかりながら進んでいるのだが、一歩進むにつれて、泥はどんどん深くなってきた。やがて目に見えるのは胴から上のみになった。男たちは胸を波打たせ、筋肉をはりつめながら、一歩一歩進んでいった。泥が腋の下まできたとき、まだ目標地点まで二十ヤードはあった……もう数フィート進めば、泥のうえに出ているのは頭だけになることだろう。不安そうなざわめきが群衆のあいだにおきた。

「あのひとたちを無事に戻してくださいますように、神様」むせぶ女の声がした。

It was indeed a queer sight-an oblong, irregular basin of blackest slime, with here and there a sullen pool, and round the margin an irregular fringe of bulrushes. At some little distance along the bank-less than a quarter of a mile from where we were standing-a gaping crowd had gathered. All Pit End, except the men at the pumps, seemed o have turned out to stare at the bed of the vanished tarn.

Hats were pulled off and curtsies dropped at Wolstenholme’s approach. He, meanwhile, came up smiling, with a pleasant word for everyone.

‘Well,’ he said, ‘are you looking for the lake, my friends? You’ll have in go down Carshalton shaft to find it! It’s an ugly sight you’ve come to sue, anyhow!’

‘Tes an ugly soight, squoire,’ replied a stalwart blacksmith in a leathern apron; ‘but thar’s summat uglier, mebbe, than the mud, ow’r yonder.’

‘Something uglier than the mud?’ Wolstenholme repeated.

‘Wull yo be pleased to stan’ this way, squoire, an’ look strite across at yon little tump o’ bulrashes-doan’t yo see nothin’?’

I see a log of rotten timber sticking half in and half out of the mud,’ said Wolstenholme; ‘and something-a long reed, apparently . . . by love! I believe it’s a fishing rod!’

‘It is a fishin’ rod, squoire,’ said the blacksmith with rough carnesmess; ‘an’ if yon rotten timber bayn’t an unburied corpse, mun I never stroike hammer on anvil agin!’

There was a buzz of acquiescence from the bystanders. ’Twas an unburied corpse, sure enough. Nobody doubted it..Wolstenholme made a funnel with his hands, and looked through it long and steadfastly.

‘It must come out, whatever it is,’ he said presently. ‘Five feet of mud, do you say? Then here’s a sovereign apiece for the first two fellows who wade through it and bring that object to land!’

The blacksmith and another pulled off their shoes and stockings, turned up their trousers, and went in at once.

They were over their ankles at the first plunge, and, sounding their way with sticks, went deeper at every tread. As they sank, our excitement rose. Presently they were visible from only the waist upwards. We could see their chests heaving, and the muscular efforts by which each step was gained. They were yet full twenty yards from the goal when the mud mounted to their armpits . . . a few feet more, and only their heads would remain above the surface!

An uneasy movement ran through the crowd.

‘Call ’em back, for God’s sake!’ cried a woman’s voice.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.