再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№19

フランチェスカは、結婚という思いつきによろこんだ。「女子相続人の知り合いはいないけど」フランチェスカは熟慮しつつ言った。「もちろんエメリーン・チェトロフもそうね。女子相続人とまでは言えないかもしれないけれど、あの娘には、ささやかながら気持ちよく暮らせるだけの、自分の財産からの収入があります。あの娘には、おばあ様から受けつぐものも少しあるでしょう。それから、当然のことながら、あの娘が結婚すれば、この家をもらうことになっているわ」

 「そうれは都合がいい」ヘンリーは言いながら、妹がこれまでに何百回とたどってきた思考の流れをたどろうとした。「あの娘とコーモスは仲良くしているのか」

 「そうね、男女としてはまずまずよ」フランチェスカは言った。「わたしが一働きして、ふたりがお互いをもっと知る機会を近々もうけないといけないわ。ところで、あの娘がとても可愛がっている弟のランスローが、今学期からタルビーに入るの。コーモスに手紙を書いて、とりわけ彼に親切にするように伝えるわ。それがエメリーンの心をとらえる確実な手になるでしょうから。コーモスはこれまでだって完璧にやりおおせてきたわ。不思議なくらい」

 「目立つのは、ブリッジのときくらいだろう」ヘンリーは鼻をならした。「その話題はこのくらいにして、確実なことをするべきだろう」

Francesca brightened at the matrimonial suggestion.  “I don’t know about an heiress,” she said reflectively.  “There’s Emmeline Chetrof of course. One could hardly call her an heiress, but she’s got a comfortable little income of her own and I suppose something more will come to her from her grandmother.  Then, of course, you know this house goes to her when she marries.”

“That would be very convenient,” said Henry, probably following a line of thought that his sister had trodden many hundreds of times before him.  “Do she and Comus hit it off at all well together?”

“Oh, well enough in boy and girl fashion,” said Francesca.  “I must arrange for them to see more of each other in future.  By the way, that little brother of hers that she dotes on, Lancelot, goes to Thaleby this term.  I’ll write and tell Comus to be specially kind to him; that will be a sure way to Emmeline’s heart.  Comus has been made a prefect, you know. Heaven knows why.”

“It can only be for prominence in games,” sniffed Henry; “I think we may safely leave work and conduct out of the question.”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.