再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№23

 ラトレーはーそのときの彼の仲間だーは座ってバシントンをながめ、人並の頭脳を奥底から振り絞って、自分はこの男が好きなだろうか、それとも嫌いなのかといぶかった。

「ほんとうは鞭打ちは君の番ではない」彼は言った。

「知っているとも」コーマスは言うと、丈夫そうな鞭を指先でもてあそんだが、優しく鞭を取り扱う様子は、まるで敬虔なヴァイオリン奏者が自分のストラディバリウスをとり扱うときのようだった。「グレイソンにミントのチョコレートを少しあげて、僕が鞭でぶつのか、それともグレイソンがぶつのかコインを投げて賭けることにした。そうしたら僕が勝った。けれど礼儀正しいところがあるやつだから、チョコレートを半分返してくれた」

人を楽しませる愉快な気質のおかげで、コーモス・バシントンは仲間といて楽しめるだけの評判はものにしていたけれど、その快活さをもってしても、学生時代に接した教師たちに好かれる助けにはならなかった。彼のことを面白いと思い、楽しむ教師たちは、ユーモアというつましい美点を思いどおりにあやつる教師だった。だが、そうした教師たちが、自分の責任の範疇から彼が消えたときに吐息をつくとしたら、それは悲しみの吐息といよりも、安堵からくる吐息であった。彼について知れば知るほど、また経験を積めば積むほど、自分たちがかかわらなければいけない領域の外にいる者だと思うようになった。嵐を扱うように訓練をつんだ者ならー近づきつつある嵐を察知するだろうし、嵐から生じる影響を極力少なくしようとするだろうー、竜巻にあらがおうとすることに躊躇いを感じるとしても許されるのかもしれない。

The more enlightened and experienced of them realised that he was something outside the scope of the things that they were called upon to deal with.  A man who has been trained to cope with storms, to foresee their coming, and to minimise their consequences, may be pardoned if he feels a certain reluctance to measure himself against a tornado

Rutley, his companion of the moment, sat watching him and wondering, from the depths of a very ordinary brain, whether he liked or hated him; it was easy to do either.

“It’s not really your turn to cane,” he said.

“I know it’s not,” said Comus, fingering a very serviceable-looking cane as lovingly as a pious violinist might handle his Strad.  “I gave Greyson some mint-chocolate to let me toss whether I caned or him, and I won. He was rather decent over it and let me have half the chocolate back.”

The droll lightheartedness which won Comus Bassington such measure of popularity as he enjoyed among his fellows did not materially help to endear him to the succession of masters with whom he came in contact during the course of his schooldays.  He amused and interested such of them as had the saving grace of humour at their disposal, but if they sighed when he passed from their immediate responsibility it was a sigh of relief rather than of regret. The more enlightened and experienced of them realised that he was something outside the scope of the things that they were called upon to deal with.  A man who has been trained to cope with storms, to foresee their coming, and to minimise their consequences, may be pardoned if he feels a certain reluctance to measure himself against a tornado.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.