再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№30

Ⅲ章

ある11月の午後ー以前、年代記に詳しく記した出来事から二年が経過していたー、フランチェスカ・バシントンは、友人のセレナ・ゴラークリィの部屋に大勢集まった人々をかき分けて進み 、うわの空という様子でうなずいていたが、その目はあきらかに特定の人物にくぎづけになっていた。国会は秋の開会にむけて勢いをましていたので、どちらの政党からも群衆のなかに参加者の姿が見受けられた。セレナは無邪気な風をよそおって、多少なりとも名のしられた男や女を自分の邸へと大勢招待したが、そうした人々を長いあいだ一緒にしておけば、「サロン」を形成するだろうと目論んでのことだった。同じ本能にかられて、彼女は週末に隠遁生活を送るサリー州の別荘に、様々な球根を植えてはボーダーガーデンをつくり、その結果をオランダ風庭園と呼んだ。 不幸なことに輝かしい話し手を自分の家に招くことはできるかもしれないが、いつも輝かしく話してもらえる訳ではない。それどころか、まったく話さないということもある。さらに悪いことに、ムクドリのような声をだす鈍重な連中の声を規制することはできない出来ない。そうした連中は、言わないでおいた方がいいようなことまで含めて、全ての話題に口出ししたいように見える。

On the evening of a certain November day, two years after the events heretofore chronicled, Francesca Bassington steered her way through the crowd that filled the rooms of her friend Serena Golackly, bestowing nods of vague recognition as she went, but with eyes that were obviously intent on focussing one particular figure.  Parliament had pulled its energies together for an Autumn Session, and both political Parties were fairly well represented in the throng. Serena had a harmless way of inviting a number of more or less public men and women to her house, and hoping that if you left them together long enough they would constitute asalon.  In pursuance of the same instinct she planted the flower borders at her week-end cottage retreat in Surrey with a large mixture of bulbs, and called the result a Dutch garden.  Unfortunately, though you may bring brilliant talkers into your home, you cannot always make them talk brilliantly, or even talk at all; what is worse you cannot restrict the output of those starling-voiced dullards who seem to have, on all subjects, so much to say that was well worth leaving unsaid.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.