再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№33

「むだ話は役に立つし、必要なものなんだ」その若い男は話していた。「だが、わたし達にとって必要なことは、御し難いむだ話の耕地から主題を掘りあげて、現実的な話し合いという脱穀場に置くことだ」

若い娘は大げさな終止符を用いながら突進し、すでに舌先に用意してあった意見をたたきつけた。

「貧困の奴隷を解放するとき、注意深く避けないといけない過ちがあるわ。それは農奴を自由にしたときに、ロシアの官僚がおかした過ちよ」

彼女は自分の番になると、雄弁術の効果をねらって一呼吸おいた。だが呼吸をすばやく落ち着かせると、その若い男と釣り合いのとれた言葉をつかって話し始めたーその男も次なる意見へと口火をきっていた。

「ふたりとも出だしは上々ね」フランチェスカは考えた。「ふたりが攻撃しているのは、極貧の防止のようだけど。もし平凡さをふせぐための聖戦をだれかが始めたら、ここにいる善良な人たちはどうなってしまうのかしら」

“Talk is helpful, talk is needful,” the young man was saying, “but what we have got to do is to lift the subject out of the furrow of indisciplined talk and place it on the threshing-floor of practical discussion.”

The young woman took advantage of the rhetorical full-stop to dash in with the remark which was already marshalled on the tip of her tongue.

“In emancipating the serfs of poverty we must be careful to avoid the mistakes which Russian bureaucracy stumbled into when liberating the serfs of the soil.”

She paused in her turn for the sake of declamatory effect, but recovered her breath quickly enough to start afresh on level terms with the young man, who had jumped into the stride of his next sentence.

“They got off to a good start that time,” said Francesca to herself; “I suppose it’s the Prevention of Destitution they’re hammering at.  What on earth would become of these dear good people if anyone started a crusade for the prevention of mediocrity?”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.