再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№34

小さな部屋のひとつを抜けていく途中でー彼女はひっそりと身を隠している参加者をまだ探し求めていたーようやく見知った姿を見つけたが、そのとき微かに渋面が顔をよこぎった。彼女を少し不機嫌にさせた相手はコートニー・ヨールで、政治的には卓越した成功をおさめた勝者であり、政治家小ピットの話を聞いたこともないような世代にすれば、信じがたいほど若々しく見える者だった。ヨールの野心、あるいは趣味と言ってもいいかもしれないが、それは現代政治の陰鬱さに、ディズレーリのダンディズムを吹き込むということであったが、そのダンディズムもアングロ・サクソン好みの正確さのおかげで適切なものになっていた。そしてダンディズムをささえているのは、彼のケルトの血が受け継ぐウィットのきらめきであった。 ただ彼の成功は不十分なもので、上昇中の政治家に見受けられる図々しさはないながら、栗色にちかい金髪をゆらしながらの派手な弁舌も、にぎやかな火花をちらす警句も、永遠に彼のものであった。だが抑制しながら贅をこらした胴着も、ネクタイも、無駄な努力と言っていいものであった。もし桃色珊瑚のマウスピースをつかって紙巻きタバコを吸う習慣があれば、あるいはマッケンジー・タータンのスパッツをはいていれば、寛大な心をもつ有権者も、大げさな言葉で記事を書く記者も、彼に対して容赦しなかっただろう。公の生活を送るときに必要な策略とは、どこで一休みして、どこまで少しでも遠くに進むべきかを正確に知ることなのである。

Midway through one of the smaller rooms, still questing for an elusive presence, she caught sight of someone that she knew, and the shadow of a frown passed across her face.  The object of her faintly signalled displeasure was Courtenay Youghal, a political spur-winner who seemed absurdly youthful to a generation that had never heard of Pitt. It was Youghal’s ambition—or perhaps his hobby—to infuse into the greyness of modern political life some of the colour of Disraelian dandyism, tempered with the correctness of Anglo-Saxon taste, and supplemented by the flashes of wit that were inherent from the Celtic strain in him.  His success was only a half-measure. The public missed in him that touch of blatancy which it looks for in its rising public men; the decorative smoothness of his chestnut-golden hair, and the lively sparkle of his epigrams were counted to him for good, but the restrained sumptuousness of his waistcoats and cravats were as wasted efforts. If he had habitually smoked cigarettes in a pink coral mouthpiece, or worn spats of Mackenzie tartan, the great heart of the voting-man, and the gush of the paragraph-makers might have been unreservedly his.  The art of public life consists to a great extent of knowing exactly where to stop and going a bit further.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.