再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№36

不快なヨールの姿に彼女の顔は陰ったが、すぐに会心の微笑みがうかんできたのは、彼女に気づいた肥った中年の男が歓迎の挨拶をしてきたからだー自分のまわりにかき集めた貧弱な一団に、男はどうやら彼女もくわえたいようだった。

「今、わたし達が話していたのは、私の新しい体験についてなんです」彼は愛想よく話しかけてきたが、「私たち」という言葉には幾分憂鬱そうな表情の聞き手たちも含まれていたーだが、その聞き手は話し合いのときも、おそらく何も言ってはいないだろう。「この人たちに話していたところなんですよ。あなたもお聞きになると面白いと思うのですが」

The cloud that had passed over her face when she caught sight of the offending Youghal was presently succeeded by a smile of gratified achievement, as she encountered a bow of recognition and welcome from a portly middle-aged gentleman, who seemed genuinely anxious to include her in the rather meagre group that he had gathered about him.

“We were just talking about my new charge,” he observed genially, including in the “we” his somewhat depressed-looking listeners, who in all human probability had done none of the talking.  “I was just telling them, and you may be interested to hear this—”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.