再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№38

しかしながらフランチェスカは、総督任命の可能性を聞いた瞬間から、ジュリアン卿に深い、はっきりとした関心を抱いていた。国会の下院議員としての彼は、彼女の人生における、緊急にせまられた社会的必要性を充たしてはいなかった。だから彼女が国会のテラスでたまにお茶をしているときに、挨拶できる範囲に卿が近づいてきても、そのたびに彼女はセント・トーマス病院について深い瞑想にふけるのであった。だが島の総督になるからには、とうぜんのことながら、彼は自分つきの秘書を欲しがるだろう。そこでヘンリー・グリーチの友達として、仲間としてージュリアンはヘンリーに金を借りて、多くの政治活動を支援してきた(彼らはかつて一緒に不適切な改正案を起草したこともあった)ーヘンリーの甥のコーマスを選択しても、それは極めて自然で適切なことではないだろうか。

Francesca, however, from the moment she had heard of the likelihood of the appointment, had taken a deep and lively interest in Sir Julian.  As a Member of Parliament he had not filled any very pressing social want in her life, and on the rare occasions when she took tea on the Terrace of the House she was wont to lapse into rapt contemplation of St. Thomas’s Hospital whenever she saw him within bowing distance.  But as Governor of an island he would, of course, want a private secretary, and as a friend and colleague of Henry Greech, to whom he was indebted for many little acts of political support (they had once jointly drafted an amendment which had been ruled out of order), what was more natural and proper than that he should let his choice fall on Henry’s nephew Comus? 


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.