再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№39

公人が宝物として大切にするような秘書にバシントンがなるかどうかと内心ひそかに危ぶみながらも、 ヘンリーがフランチェスカに同意したのは、この計画がすばらしく、望ましいものであるからで、それはセント・ジェームズ教会を中心とした閉ざされた、人目につきやすい場所から、英国が支配する外国の、霧の深い果てへと、迷惑この上ない若い獣を移住させてしまうというものであった。兄と妹がいっしょになって、入念かつ手の込んだ昼食会をジュリアン卿のために催すことにしたのは、卿の総督任命が公になった其の日であった。秘書の問題が話題にあがり、機会があるたびにまめに話題をふられ続けた結果、ついには決着をつけるために、総督閣下とコーマスが正式に面接することになった。  

While privately doubting whether the boy would make the sort of secretary that any public man would esteem as a treasure, Henry was thoroughly in agreement with Francesca as to the excellence and desirability of an arrangement which would transplant that troublesome’ young animal from the too restricted and conspicuous area that centres in the parish of St. James’s to some misty corner of the British dominion overseas.  Brother and sister had conspired to give an elaborate and at the same time cosy little luncheon to Sir Julian on the very day that his appointment was officially announced, and the question of the secretaryship had been mooted and sedulously fostered as occasion permitted, until all that was now needed to clinch the matter was a formal interview between His Excellency and Comus.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.