再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№41

フランチェスカは早起きをする方ではないから、次の日の朝、朝食がブレックファーストテーブルに運び込まれる頃、兄の家からの特別な使いが届けたザ・タイム紙が、彼女の部屋に運ばれてきた。物憂い青の細密画に引き寄せられて見てみれば、目立つ印刷文字で「ジュリアン・ジュル総督閣下」という皮肉たっぷりの見出しがあった。そこに記されていたのは残酷な暴露記事で、どこか馬鹿げたところがあって忘れられているような類の、ジュリアン卿が支持者におこなった演説についての記事で、それほど昔の話ではなかった。その演説で、植民地、なかでも西インド諸島を所有する意義について卿は語り、無知と驚くほど安っぽいユーモアを盛大に織り交ぜながら非難していた。 

Francesca was not an early riser and her breakfast was only just beginning to mobilise on the breakfast-table next morning when a copy of The Times, sent by special messenger from her brother’s house, was brought up to her room.  A heavy margin of blue pencilling drew her attention to a prominently-printed letter which bore the ironical heading: “Julian Jull, Proconsul.”  The matter of the letter was a cruel dis-interment of some fatuous and forgotten speeches made by Sir Julian to his constituents not many years ago, in which the value of some of our Colonial possessions, particularly certain West Indian islands, was decried in a medley of pomposity, ignorance and amazingly cheap humour.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.