再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№44

「いまいましい子ね、なんてことをしてくれたの!」彼女は非難がましく喚いた。

「からだゴシゴシ」陽気な声がかえってきた。「首もゴシゴシ、そのまま鎖骨もゴシゴシ、鎖骨から今度はどこをゴシゴシ」

「おまえは自分の将来を台無しにしたのよ。ザ・タイムに、おまえの署名がはいった、ひどい記事がのってしまったのだから」

喜びの歓声が浴室から響いてきた。「なんだって、かあさん。見せてくれ」

手足で水をはねあげながら、急いで浴槽から出てくる音がした。フランチェスカは逃げた。ぬれた身体にバスタオルを一枚、そして湯煙につつまれた19歳の青年をうまく叱ることのできる者はいまい。

別の使いがきたとき、フランチェスカはまだ朝食を終えていなかった。今度の使いはジュリアン卿からの手紙をもってきたのだが、その手紙には、昼食会の約束を辞退する旨が書かれていた。

“You wicked boy, what have you done?” she cried, reproachfully.

“Me washee,” came a cheerful shout; “me washee from the neck all the way down to the merrythought, and now washee down from the merrythought to—”

“You have ruined your future.  The Times has printed that miserable letter with your signature.”

A loud squeal of joy came from the bath.  “Oh, Mummy! Let me see!”

There were sounds as of a sprawling dripping body clambering hastily out of the bath.  Francesca fled. One cannot effectively scold a moist nineteen-year old boy clad only in a bath-towel and a cloud of steam.

Another messenger arrived before Francesca’s breakfast was over.  This one brought a letter from Sir Julian Jull, excusing himself from fulfilment of the luncheon engagement.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.