再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№46

ボンドストリートも、ピカデリーから枝分かれしている多くの道も、毎日の生活に必要な品々の提供を妨げなければ、ロンドン全体の心をとりこにしていたのかもしれなかった。友人の子どもたちは知り合いになるには退屈であったが、息子としてなら、大いに安らぎをあたえてくれたことだろう。フランチェスカは苛立ちをつのらせながら、こうした経済の援助をするに値する青年と、自分の御し難い息子を比較しては、なぜ運命の女神は自分を選び出したのか、このいらだたしい変異体の親にしたのか、心地よさもなければ望ましさもない子の親にしたのかと嘆息した。収益をあげることに関して言えば、コーマスは野の百合の無関心さを真似て、危ういほどの貞節をみせた。母親のように、彼も思い悩み、苛々とした様子で、現代の若者からうみだされる典型に目をむけはしたが、もっぱら注意をむける知人とはより裕福な層で、車やポロ用のポニーを買うのも気安く、ボタンホールにさすカーネーションを買うようなもので、カイロやチグリス流域への旅も、何の困難もなく、財政上の無理もなく、まるでブライトンでの週末を考えるような人々であった。

The whole of Bond Street and many of the tributary thoroughfares of Piccadilly might have been swept off the face of modern London without in any way interfering with the supply of their daily wants.  They were doubtless dull as acquaintances, but as sons they would have been eminently restful. With a growing sense of irritation Francesca compared these deserving young men with her own intractable offspring, and wondered why Fate should have singled her out to be the parent of such a vexatious variant from a comfortable and desirable type.  As far as remunerative achievement was concerned, Comus copied the insouciance of the field lily with a dangerous fidelity. Like his mother he looked round with wistful irritation at the example afforded by contemporary youth, but he concentrated his attention exclusively on the richer circles of his acquaintance, young men who bought cars and polo ponies as unconcernedly as he might purchase a carnation for his buttonhole, and went for trips to Cairo or the Tigris valley with less difficulty and finance-stretching than he encountered in contriving a week-end at Brighton.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.