再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№47

陽気な気質と美貌はコーマスを大いに助け、それも愉快に、学生時代から切れ目なく続く休みのときを過ごすのを助けてきた。同じ素晴らしい資産が、彼が自分の道をあゆむのに役に立った。だが、そうした長所にすがりついて、どこまでも、いつまでもあゆんでいくわけにはいかないと気づくということは、冷静さを失う体験であった。動物の世界では、しかも競争心の強い動物の世界で必要とされるのは、野の百合の華やかさ、自由奔放さ以上の、なにかであった。そしてそれこそが、コーマスが自分に与えることもできず、また与えようとも思わないようなものでもあった。その何かが欠けているせいで、彼は運命の女神にむかって恨み、期待していた勝利から、もしくは、とにかく何一つ邪魔のはいらない進展から、自分を遠ざけた数々の挫折や障害を難じるのであった。

Gaiety and good-looks had carried Comus successfully and, on the whole, pleasantly, through schooldays and a recurring succession of holidays; the same desirable assets were still at his service to advance him along his road, but it was a disconcerting experience to find that they could not be relied on to go all distances at all times.  In an animal world, and a fiercely competitive animal world at that, something more was needed than the decorative abandon of the field lily, and it was just that something more which Comus seemed unable or unwilling to provide on his own account; it was just the lack of that something more which left him sulking with Fate over the numerous breakdowns and stumbling-blocks that held him up on what he expected to be a triumphal or, at any rate, unimpeded progress.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.