再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№50

今夜出かける集まりはまあまあだよ」コーマスは上機嫌でくすくす笑った。

「かあさん、ヘンリーおじさん、それから信仰心のあつい、退屈な連中たちと夕食をとるんだから」

 フランチェスカは驚きと当惑のあまり息をのんだ。

 「まさか、キャロラインが、今夜、おまえを夕食に招いたということではないでしょうね」彼女はいった。「しかも私に相談もなく。ずいぶんとやりたい放題ね」

 レディ・キャロライン・ベナレスクは、人々の繊細な感情も、尊重されるべき嫌悪感も無視して発言したり、行動したりすることができる年齢になっていた。今の年齢に達するのを待ってから、そうした行動をとったわけではなく、そもそも彼女の家系とは、ひとりひとりが生涯をとおして、揺りかごから墓場まで、機転と機知を発揮して生きていくように出来ていて、それはまるで込み合った水遊びの天幕をとおるときにサボテンの生け垣があらわれるようなものだった。

“I’m going to move in quite decent society to-night,” replied Comus with a pleased chuckle; “I’m going to meet you and Uncle Henry and heaps of nice dull God-fearing people at dinner.”

Francesca gave a little gasp of surprise and annoyance.

“You don’t mean to say Caroline has asked you to dinner to-night?” she said; “and of course without telling me.  How exceedingly like her!”

Lady Caroline Benaresq had reached that age when you can say and do what you like in defiance of people’s most sensitive feelings and most cherished antipathies.  Not that she had waited to attain her present age before pursuing that line of conduct; she came of a family whose individual members went through life, from the nursery to the grave, with as much tact and consideration as a cactus-hedge might show in going through a crowded bathing tent. 


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.