再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№64

今、彼女は、むかいの娘を改めて吟味することに気晴らしを見いだしていた。その娘は節度を守りながらも、自分の両側にる正餐の客たちがかわす会話に関心をしめしていた。コーマスは姿も、話しぶりも申し分ない様子で、食卓の端のほうに座っていた。そしてフランチェスカは、娘の視線がたえずどの方向にそれていくのか、たちどころに気がついた。一度か二度、若い者たちの視線がぶつかると、喜びでさっと頬が紅潮し、気がついていると言わんばかりのかすかな微笑みが相続人である娘の顔にうかんだ。直観という伝統的な女の才能に頼らなくても、フランチェスカには、好ましい貯金口座をもつ娘の心を鷲掴みしているのは、生き生きとした若いパガンであり、その気になれば、パガンには賞賛を獲得する技があるのだと推量することができた。

 In the present instance she found distraction in a renewed scrutiny of the girl opposite her, who seemed to be only moderately interested in the conversational efforts of the diners on either side of her.  Comus who was looking and talking his best, was sitting at the further end of the table, and Francesca was quick to notice in which direction the girl’s glances were continually straying. Once or twice the eyes of the young people met and a swift flush of pleasure and a half-smile that spoke of good understanding came to the heiress’s face.  It did not need the gift of the traditional intuition of her sex to enable Francesca to guess that the girl with the desirable banking account was already considerably attracted by the lively young Pagan who had, when he cared to practise it, such an art of winning admiration. 


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.