再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№65

じつに何か月ぶりにようやくフランチェスカは、息子の将来が薔薇色に輝いている光景をみた。そして彼女が無意識のうちに思いめぐらすのは、「不作法なくらいに金持ち」という意味ありげな言い方とは、正確には、どのくらいの総計になるのだろうかということであった。莫大な富をもつ妻なら、しかも、その富に比例するかのように人柄にも、野心にも生まれつきの資質を備えた妻なら、おそらくコーマスの潜在的な力を楽しいものにかえてくれるだろう。その力は経歴に結びつかないかもしれない。少なくとも仕事にはならないだろう。だが向かいの真面目な若い娘の顔には特徴もなければ、野心にも欠けているようにみえた。フランチェスカの考えは、自分を中心にしたものになっていった。彼女が心に思い描いている無尽蔵の財源から、信じられない金額が賃貸物件にそそがれるか、あわよくばブルーストリートの家の獲得にいたるかもしれない。 もし今の都合のいい取り決めが終わりをむかえ、フランチェスカとヴァン・デール・ムーレンが新しい場所を探さなければいけないときがきたとしてもだ。

For the first time for many, many months Francesca saw her son’s prospects in a rose-coloured setting, and she began, unconsciously, to wonder exactly how much wealth was summed up in the expressive label “almost indecently rich.”  A wife with a really large fortune and a correspondingly big dower of character and ambition, might, perhaps, succeed in turning Comus’s latent energies into a groove which would provide him, if not with a career, at least with an occupation, and the young serious face opposite looked as if its owner lacked neither character or ambition.  Francesca’s speculations took a more personal turn. Out of the well-filled coffers with which her imagination was toying, an inconsiderable sum might eventually be devoted to the leasing, or even perhaps the purchase of, the house in Blue Street when the present convenient arrangement should have come to an end, and Francesca and the Van der Meulen would not be obliged to seek fresh quarters.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.