再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№67

これまでにないほど明確に彼女は、自分がコートニー・ヨールを徹底的に嫌っていることを悟った。忌々しい影響をおよぼすからと彼を疎んじたくなるのは、彼があとに従ってはいけない野心の見本であり、また金遣いのあらい洒落者の見本でもあり、そして息子がきっと真似をするにちがいないからである。彼女も心の中では、ヨールの存在を知らなかったとしても、コーマスは現在の生き方、働きもせず、我儘に行動していく生き方を選んだろうとは思っていた。それでも、自分の息子に悪い影響を及ぼす人物としてこの青年をとらえようとした。今や彼は、彼女が知っていたよりも評判をもっともなものにしているようであった。一方、人生において初めてコーマスも賢く行動して、自分のチャンスをいかそうとしてるようであった。そしてそれとほぼ同時にコートニー・ヨールも可能性のある、危険なライバルとして、その場に到着したのだった。

And more clearly than ever she realised how thoroughly she detested Courtenay Youghal.  She had disliked him as an evil influence, setting before her son an example of showy ambition that he was not in the least likely to follow, and providing him with a model of extravagant dandyism that he was only too certain to copy.  In her heart she knew that Comus would have embarked just as surely on his present course of idle self-indulgence if he had never known of the existence of Youghal, but she chose to regard that young man as her son’s evil genius, and now he seemed likely to justify more than ever the character she had fastened on to him.  For once in his life Comus appeared to have an idea of behaving sensibly and making some use of his opportunities, and almost at the same moment Courtenay Youghal arrived on the scene as a possible and very dangerous rival.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.