再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№68

コーマスの端麗な容貌にも、その場にもたらす気まぐれな魅力にも挑み、目もくらむ半ダースほどの素質ー世界中の女性に好かれるものだったーに若い政治家は対抗していた。理想的な人を追い求める若い娘の目には、そうしたものは殊に好かれるものであろう。ヨールもそれなりに見ばえのする男であった。たしかにコーマスほど人目をひくことはないにしても、いつも盛装で、機知にとみ、出しゃばるほどではないが、人目につく程度には議会でも成功して自信にみちていた。だがコーマスを前にしたら、コートニー・ヨールも余裕で機をとらえる好敵手かどうかは定かでなかった。

 Against the good looks and fitful powers of fascination that Comus could bring into the field, the young politician could match half-a-dozen dazzling qualities which would go far to recommend him in the eyes of a woman of the world, still more in those of a young girl in search of an ideal.  Good-looking in his own way, if not on such showy lines as Comus, always well turned-out, witty, self-confident without being bumptious, with a conspicuous Parliamentary career alongside him, and heaven knew what else in front of him, Courtenay Youghal certainly was not a rival whose chances could be held very lightly.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.