再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№69

フランチェスカが苦々しく笑ったのは、つい数時間前まで、コーマスの求婚に力をかしてくれるように彼に頼むという思いつきを楽しんでいたからであった。これは少なくともひとつの慰めにはなるが、彼女はみずから獲物を見つけたのだ。もしヨールが割り込んできて、ライバルとなって、年下の友人コーマスをおしだそうとしたところで、コーマスの方が有利な出発点にたっていた。コーマスは、その日の昼食会でミス・ド・フレイについて触れていたが、それはさりげなく、しかも冷静であった。もし夕食会の客が話題にしなければ、おそらく彼女について言及することはなかっただろう。だが、二人がすでに互いを気にしていることは明らかだった。ブルー・ストリートの家の事情で、フランチェスカは夕食会の客を選別したのだが、思いがけずして、この非常に興味をひかれる相続人と知り合いになったのだった。

Francesca laughed bitterly to herself as she remembered that a few hours ago she had entertained the idea of begging for his good offices in helping on Comus’s wooing.  One consolation, at least, she found for herself: if Youghal really meant to step in and try and cut out his young friend, the latter at any rate had snatched a useful start.  Comus had mentioned Miss de Frey at luncheon that day, casually and dispassionately; if the subject of the dinner guests had not come up he would probably not have mentioned her at all.  But they were obviously already very good friends. It was part and parcel of the state of domestic tension at Blue Street that Francesca should only have come to know of this highly interesting heiress by an accidental sorting of guests at a dinner party.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.