再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№71

都合よく奥まっているベンチに腰かけ、リージェントパークにあるロンドン動物園の北部雉飼い場とむかいあうかたちで、コートニー・ヨールはあるレディと大人の恋の戯れにふけっていた。相手の女性は、たしかに外見は若いけれど、四、五歳はコートニーより年上だった。コートニーが十六歳の学生だった頃、モリー・マククェードは親しげに動物園に案内してくれ、その後でソーホーにある外国料理のケトナーズ・レストランでご馳走してくれた。それ以来、昔の祝祭日を祝う記念日に町にいるときには、ふたりは几帳面にこの日程をそのまま繰り返した。

On a conveniently secluded bench facing the Northern Pheasantry in the Zoological Society’s Gardens, Regent’s Park, Courtenay Youghal sat immersed in mature flirtation with a lady, who, though certainly young in fact and appearance, was some four or five years his senior.  When he was a schoolboy of sixteen, Molly McQuade had personally conducted him to the Zoo and stood him dinner afterwards at Kettner’s, and whenever the two of them happened to be in town on the anniversary of that bygone festivity they religiously repeated the programme in its entirety. 


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.