再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№73

戯れてはその度に昔に戻るわけだが、それにしても戯れがかくも長らえたのはミス・マククェードの積極性に富んだ気づかいのおかげで、ヨールからの情にうったえる努力のせいではなかった。モーリー・マククェードの、狩りをする地の人々に知られている姿とは、乗馬好きの、月並みな型にはまらない女というもので、それは無理をしなくても「いい人」の分類にはいる女だった。それというのも彼女は十分に美しく、自分の不快については沈黙を守りながら、いささかなりとも、あるいは十分に鑑識眼のあるものについて、たとえば近所のひとの庭や子供たち、世間に人気のある猟犬について接したからだ。

The flirtation which was thus perennially restored to its old-time footing owed its longevity more to the enterprising solicitude of Miss McQuade than to any conscious sentimental effort on the part of Youghal himself.  Molly McQuade was known to her neighbours in a minor hunting shire as a hard-riding conventionally unconventional type of young woman, who came naturally into the classification, “a good sort.” She was just sufficiently good-looking, sufficiently reticent about her own illnesses, when she had any, and sufficiently appreciative of her neighbours’ gardens, children and hunters to be generally popular.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.