再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№74

彼女は大半の男性から好かれた。だが一方で彼女を嫌っている女性の割合は、厄介なくらいに高かった。そのうちにと、彼女は思われていた。ビール製造業者か、オッター・ハウンド犬を飼っているような男と結婚するだろうと。そして間隔をあけずして、モールバーンとか、それと似たような学問の中心地で、男の子一人か二人の母親として世間に知られるようになるだろうと。彼女の本質の夢見がちなところは、田舎ではまったく理解されないものであった。

Most men liked her, and the percentage of women who disliked her was not inconveniently high.  One of these days, it was assumed, she would marry a brewer or a Master of Otter Hounds, and, after a brief interval, be known to the world as the mother of a boy or two at Malvern or some similar seat of learning.  The romantic side of her nature was altogether unguessed by the countryside.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.