再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№85

「そして彼女も、あなたに恋しているのかしら?」

ヨールはかすかに断定する動作で頭をそらしたが、その動作はモリーが見慣れたものであり、好んでいるものでもあった。

「よく判断してから行動する娘だと思う。だから馬鹿みたいに好いてはくれないかもしれないが、私に関心をもつのも悪くはないだろう。私は若いし、見かけもいい。それに議会で功をとげつつある。彼女なら、私についてのあらゆる記事を、良い記事から怖ろしい記事まで新聞を、朝食の席でも読むことができるだろう。私にしても、時には朗らかで楽しくも振る舞うこともできる。だが、私は沈黙の価値を理解しているから、陽気でおしゃべり好きの夫という怖ろしいものになりさがる心配はない。お金もあって社会的な野心もある娘にすれば、まんざらでもあるまい。」

“And is she in love with you?”

Youghal threw back his head with the slight assertive movement that Molly knew and liked.

“She’s a girl who I fancy would let judgment influence her a lot.  And without being stupidly conceited, I think I may say she might do worse than throw herself away on me.  I’m young and quite good-looking, and I’m making a name for myself in the House; she’ll be able to read all sorts of nice and horrid things about me in the papers at breakfast-time.  I can be brilliantly amusing at times, and I understand the value of silence; there is no fear that I shall ever degenerate into that fearsome thing—a cheerful talkative husband. For a girl with money and social ambitions I should think I was rather a good thing.”


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.