再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№88

「君はずいぶん先のことを考えている」ヨールは笑った。「あの娘さんも、君と同じ見方をするようになって、僕と将来を分かち合えば不幸になる可能性があると考えるかもしれない。そうなると貧しい政治家として独身時代を過ごす自分に甘んじる羽目になる。とにかく今はいっしょなんだ。今夜、ケトナーの店で夕食にしよう、いいね」

「どちらかといえば」モリーはいった。「のどにつまるようなご馳走になりそうよ。わたしの気持ちとしては。でも未来のヨール夫人の健康を祈って乾杯しないといけないのね。ところで、お相手がどなたなのか言わないのもあなたらしいわ。それがどなたなのか聞かないのも私らしいけど。でも今は、いい子になって。急いで立ち去って、私をひとりにして。まだ、あなたにはさようならは言わないわ。でも雉の飼育場には別れを告げるつもり。ここでずいぶんと楽しい話をしたわねえ。あなたと私でこの席に腰かけて、ねえ、そうでしょ。わかっているわ。それもこれでおしまいになる。今夜、八時に。できるだけ時間には正確に」

“You’re looking forward pretty far,” laughed Youghal; “the lady may take your view as to the probable unhappiness of a future shared with me, and I may have to content myself with penurious political bachelorhood.  Anyhow, the present is still with us. We dine at Kettner’s to-night, don’t we?”

“Rather,” said Molly, “though it will be more or less a throat-lumpy feast as far as I am concerned.  We shall have to drink to the health of the future Mrs. Youghal. By the way, it’s rather characteristic of you that you haven’t told me who she is, and of me that I haven’t asked.  And now, like a dear boy, trot away and leave me. I haven’t got to say good-bye to you yet, but I’m going to take a quiet farewell of the Pheasantry. We’ve had some jolly good talks, you and I, sitting on this seat, haven’t we?  And I know, as well as I know anything, that this is the last of them. Eight o’clock to-night, as punctually as possible.”



PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.