再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№95

たしかに、彼女は息子の友達の大半を認めていなかった。だが、彼女がこの人物にとりわけ、いつまでも苛立ってしまうのは、相手が異彩を放ち、多少なりとも公生活で成功しているという事実のせいであった。とりわけ苛立ちを感じるのは、政府の思慮に欠けた支出について舌鋒鋭く攻撃する文を読むときで、なぜならその文は自分の息子に思いつく限りの浪費をけしかけている若者によって書かれているからだ。実際のところ、ヨールがこの若者におよぼしている影響はごく僅かであった。コーマスには軽薄な出費をしたり浮ついた会話をしてしまうところがあって、それはたとえ世捨て人や貧民街イーストエンドの牧師のような人物と親しく交際するような状況に放り込まれたとしても変わらなかった。

She disapproved, it is true, of a great many of her son’s friends and associates, but this particular one was a special and persistent source of irritation to her from the fact that he figured prominently and more or less successfully in the public life of the day.  There was something peculiarly exasperating in reading a brilliant and incisive attack on the Government’s rash handling of public expenditure delivered by a young man who encouraged her son in every imaginable extravagance. The actual extent of Youghal’s influence over the boy was of the slightest; Comus was quite capable of deriving encouragement to rash outlay and frivolous conversation from an anchorite or an East-end parson if he had been thrown into close companionship with such an individual.  


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.