日本国憲法を原文の英語から再読する部屋

日本国憲法が制定された経緯についてまとめ

 

敗戦翌年昭和21年2月3日、連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサーは天皇制の廃止を求める国際世論の高まりをおそれ、総司令部が憲法草案を起草することを判断した。

このときに示した憲法改正に関して守るべき三原則、マッカーサー・ノートの要旨は以下のとおりである。

1.天皇は国家の元首の地位にある。

2.国権の発動たる戦争は廃止。紛争解決のための手段としての戦争、自己の安全を保持するための手段としての戦争も放棄。陸海空軍をもつ機能は将来も与えられることもなく、交戦権が与えられることもない。

3.封建制度の廃止。

マッカーサー・ノートをうけて、憲法起草の責任者ホイットニー民政局長のもと24名のスタッフが分野ごとに条文を作成、わずか1週間でマッカーサーに提出した。このときのメンバーには先日(2012年12月30日)に亡くなられたベアテ・ゴードン(当時22歳)もいた。

日本政府は若干の修正をくわえ文語体にしてから、さらに作家の山本有三( 路傍の石の著者)が議員でもあり、英語にも堪能であったため憲法の口語化を依頼し、現在の日本国憲法が完成した。

 

 

さりはまより憲法英文を訳すにあたって

 

翻訳するという作業は、原文を日本語におきかえるだけでなく、その過程でどうしても自分の考えや主張がしのびこんでくる作業でもあります。

日本国憲法を英文とともに読んでみると、若いアメリカ人たちから今までにない価値観を提示された敗戦当時の人々が、自分たちの価値観でなんとか受け入れることが可能な言葉を模索している様子が伝わります。

口語化された憲法だとはいっても、今の私たちにとって理解しにくい文になりつつあるのも事実です。内容を理解していただき、もう一度、日本国憲法について考えて頂くことを第一に訳してみました。

 

THE CONSTITUTION OF JAPAN

 

日本国憲法前文( この前文は、当時44歳のハッシー中尉が書いたものである )

 

We, the Japanese people, acting through our duly elected representatives in the National Diet, determined that we shall secure for ourselves and our (1)posterity the fruits of peaceful cooperation with all (2)nations and the blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be (3)visited with the horrors of war through the action of government, do proclaim that sovereign power resides with the people and do (4)firmly establish this Constitution. 

 

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

 

さりはまの訳 ) 私たち日本人は、正式に選挙で選ばれた国会議員をとおして行動します。自分たちのために、後世のひとたちのために、すべての国家と平和に協力していくことで成果を手に入れ、国中が自由の恩恵を受けることを決意しました。政府の行動のせいで戦争による恐怖をともなう罰で罰されることが二度とないように決意します。主権は人々とともにあることを宣言します。それからこの憲法を断固として設立します。

 

素朴な疑問

1.posterity 子孫でもいいけど、これだけ少子化がすすんだ国では違和感がある。

2.nationを諸国民とすると平和なイメージになるけど、この前文で言いたいことは『戦争をしちゃだめ』だから、国家とした方がいい気がする。

3.visitには『罰する』という意味もあるけど。昨今の風潮を考えると、罰するのほうがいいのかも。

4.firmlyにこめられた『断固として』という意味がぬけている、『確定』だけじゃ弱い。弱くしたかった?

 

Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people. 

 

 

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

 

さりはまの訳 ) 政府とは、国民の尊い信頼をうけたものであり、その権力は国民に由来します。政府に委任された権限は、国民の代表が行使するものであり、政府の得た利益は国民が享受するものです。

 

optical-frogさんがgovernmentの解釈について、興味深い指摘をされていたので紹介させて頂きます。

governmentは不可算名詞であり、そのままだと『統治』になるのではないか、『統治とは人民の神聖な信託( トラスト )であり』。国政でも誤訳ではないが。

コウビルドでgovernmentは、『( 可算名詞 )ある国のthe governmentとは、その国の統治に責任をもつ人々の集団のことだ。: ( 不可算名詞 )governmentは、ある国または政治的まとまりの統治に関わる活動・手法・原則から成り立っている』という指摘をされていました。

 

 

This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded. We reject and revoke all constitutions, laws, ordinances, and rescripts in conflict herewith.

 

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 

さりはまの訳) これは全世界につうじる原理であり、この憲法はこの原理にもとづいています。これに反する一切の憲法、法令、政府からの布告や命令は拒否し放棄します。

 

 

We, the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship, and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world. 

 

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

 

さりはまの超訳 ) 私たち日本国民はいつまでも平和を願い、高い理想を強く意識します。人と人の関係は、その理想によってコントロールされるものです。日本国民は、世界の平和を愛する人々の正義と誠実を信頼しながら、安全な生活を保つことを決意しました。

 

We desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace, and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth. We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.

 

 

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と缺乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 

さりはまの超訳 ) 私たちが名誉ある地位をきずこうとしている国際社会は、骨をおりつつも平和を維持しようとする社会であり、地球上からいつまでも独裁的な権威の乱用、奴隷制度、弾圧、反対意見や異教や異民族への不寛容を追放する社会です。世界のすべての人々には恐怖や困窮を感じることなく、平和に暮らす権利があることを認めます。

 

We believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal; and that obedience to such laws is incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.

 

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 

さりはまの訳 ) どの国も自国に対してだけ責任があるのではありません。政治道徳の法は全世界に通じるものであり、

 

We, the Japanese people, pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.

 

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 

さりはまの訳 ) 日本国民は、国家の名誉をかけ、全力をあげてこの高い理想と目的を達成することを誓います。

 

CHAPTER I. THE EMPEROR

 

Article 1.The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom resides sovereign power.

 

第一章 天皇 

  第 一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は主権の存する日本国民の総意に基く。

 

さりはま訳 ) 天皇は国家の象徴であり、国民のまとまりの象徴である。天皇の地位は、最高の権力をあたえられた国民の意思に由来するものである。

☆shallは、〜するものとするの意味

 

☆resides sovereigne powerを『主権の存する』と言っても今はわかりにくい。ひらたく言うと『最高の権力をあたえられた国民』。

 

Article 2.The Imperial Throne shall be dynastic and succeeded to in accordance with the Imperial House Law passed by the Diet.

 

二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

 

さりはま訳 ) 天皇の皇位は、天皇と血がつながる皇族のものであって、国会で法案が通過した皇室典範にしたがって継承されるものとする。

 

☆dynasticは、『王家の、王朝の』。COBUILDによれば”Dynastic means typical of or relating to a dynasty.” 支配者の象徴、あるいは支配者と血縁関係にある者と説明がある。さらにdynastyについても、COUBUILDは”A dynasty is a series of rulers of a country who all belong to the same family.” つまりdynastyとは国の支配者たちで同じ家族の一員と説明している。世襲と表現すると縦つながりが強調されるけど、英文のほうだと血がつながっていれば、どこかの宮家が天皇になっても構わないということになるのかな?

 

Article 3.The advice and approval of the Cabinet shall be required for all acts of the Emperor in matters of state, and the Cabinet shall be responsible therefor.

 

三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

さりはま訳) 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、よって内閣が天皇の国事に関する行為に責任を負うものとする。

 

☆shall は文語的な用法で、『…と定める。するものとする』の意。

☆require forは、に対して義務付ける、命じる。needの形式ばった表現だから、『必要とする』だと誤訳ではないけど、表現が優しい気がする。訳した方は、天皇に対して厳しい表現は避けようとしたのではないだろうか。

☆act は、(一回一回の)行為、所業、行い、振る舞い、動き、動向、COBUILDによれば”An act is a single thing that someone does.”つまり『誰かが行うひとつの行為』

☆stateは、国事、国政。

☆thereforは、『それに対して』

 

 

Article 4.The Emperor shall perform only such acts in matters of state as are provided for in this Constitution and he shall not have powers related to government.

The Emperor may delegate the performance of his acts in matters of state as may be provided by law. 

 

四条 天皇は、この憲決の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

 

 

☆provideは『定める』の意味。

☆stateには国事、governmentを国政としている。広辞苑によれば、『日本国憲法では国務を国事と国政とに分け、天皇の関与することのない範囲を国政とする』

☆powerは、『法的権限』の意味。

☆delegateは、『委任する』の意味。

☆mayは『…しなければならない』の意味。

☆asは関係代名詞で、国事に関する行為、を先行詞としている。

 

さりはま訳) 天皇は、この憲法で定められた国事に関する行為のみ行うことが出来る。さらに天皇は、国政に関した法的権限をもたない。

 

天皇は、法に定められた国事に関する行為の遂行を委任しなければならない。

Article 5.When, in accordance with the Imperial House Law, a Regency is established, the Regent shall perform his acts in matters of state in the Emperor’s name. In this case, paragraph one of the preceding article will be applicable.

 

五条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

 

☆regency とは、COBUILDによれば、”A regency is a period of time when a country is governed by a regent, because the king or the queen is unable to rule.” 摂政という意味もあるけど、動詞がestablish 『樹立する』だから、摂政政府のほうがいいのでは?でも摂政政府なんて言うのも、はばかれる事情があって単に摂政としたのだろうか。樹立されるとき、天皇の名において国事に関する行為を遂行するものと定める。

 

さりはま訳) 皇室典範にしたがって摂政政府が樹立されるとき、摂政は天皇の名において国事に関する行為を行うものとする。この場合、前条項一条が適用さることになるだろう。

Article 6.The Emperor shall appoint the Prime Minister as designated by the Diet.

The Emperor shall appoint the Chief Judge of the Supreme Court as designated by the Cabinet.

 

 

六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

☆appointは、COBUILDによれば、If you appoint someone to a job or official positions, you formally choose them for it. 正式に役職や官職を選ぶ

☆designate は、COBUILDによれば、When you designate someone as something, you formally choose them to do that particular job. 特別な仕事をするように正式に人を選ぶ

似たような意味の単語だが、意味としてはdesignateのほうが重きを置かれている表現ではないだろうか?

☆Prime Minister 内閣総理大臣

☆the Diet  国会

☆the Chief Judge 首席裁判官

☆the Supreme court  最高裁判所

☆もともとの英文は天皇の行為に対して、あまり重きをおいていなかったのではないだろうか。日本語に直していく過程で、天皇の行為が今までの現人神と敬ってきた思いから、英文より高められた表現に変わっているのではないだろうか?

 

さりはま訳) 天皇は、国会で任命された内閣総理大臣に、辞令書を出す。

                    天皇は、内閣で任命された最高裁判所の首席裁判官に、辞令書を出す。

Article 7.The Emperor, with the advice and approval of the Cabinet, shall perform the following acts in matters of state on behalf of the people:

七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

☆behalfは、COUBUILDによれば、If you do something on someone’s behalf, you do it for that person as their representativeness. つまり誰かの代表として事を行うこと、である。憲法の条文にあるような『国民のために』とすると神々しいしい感じもあるけれど、実際の原文のニュアンスは『国民を代表して』くらいではないだろうか。

さりはま訳) 天皇は内閣の助言と承認をうけ、国民の代表として、国事に関する以下の行為を行います。

1.Promulgation of amendments of the constitution, laws, cabinet orders and treaties.

一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

☆Promulgation は、布告、発布

☆amendments は、法案の修正、改正

☆cabinet orderは文字どおりに訳すと、内閣の命令。政令とは、広辞苑によれば、内閣が制定する命令である。

☆treatyは条約

さりはま訳)憲法改正、法律、政令および条約の発布。

2.Convocation of the Diet.

 二 国会を召集すること。

☆Convocationは、招集

さりはま訳) 国会の招集。

3.Dissolution of the House of Representatives.

 三 衆議院を解散すること。

☆Dissolution は、(国会元首の発布する)国会の解散命令、解散

さりはま訳) 衆議院の解散。

 

4. Proclamation of general election of members of the Diet.

 四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。

☆prpclamationは、COUBUILDによれば、A proclamation is a public announcement about something importantly, often about something of national importance. 何か重要なことを公表すること、国家の重要事項について、しばしば使われる。

☆施行にあたる単語は、英文にはない。

 

さりはま訳) 国会議員の総選挙の公示。

5.Attestation of the appointment and dismissal of Ministers of State and other officials as provided for by law, and of full powers and credentials of Ambassadors and Ministers.

五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び行使の信任状を認証すること

☆Attestation は認証。

☆dismissal は、解雇

☆appointment は任命。

☆Minister of State は大臣、閣僚。

☆officialは官吏でもいいけど、公務員 ☆provideは、定める

☆full powersは、全権委任状

☆credentialは、信任状

☆Ambassadors 大使、Ministers 公使の順で偉いみたい。

?dismissal 解雇にあたる言葉が憲法の条文にはない気がするけど、なぜかはわからない。

さりはま訳) 法律に定められたように、大臣と公務員の任命、解雇、大使や公使の全権委任状や信任状の認証。

6.Attestation of general and special amnesty, commutation of punishment, reprieve, and restoration of rights.

六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。

☆amnesty 大赦、恩赦

☆commutation  減刑

☆reprieve 刑執行の一時停止、( 特に死刑 )の執行延期

☆restoration 回復

さりはま訳) 大赦、特赦、刑罰の減刑、死刑の執行延期、復権の認証。

7.Awarding of honors. 

 七 栄典を授与すること。

 ☆award 授与する

☆honors  栄典、広辞苑によれば栄典とは、栄誉を表すために与えられる位階、勲章など。栄典を授けるのは天皇の国事行為の一つ。栄典には特権を伴うことなく、かつ受けた者の一代に限る。

 さりはま訳) 栄典の授与

 

8.Attestation of instruments of ratification and other diplomatic documents as provided for by law.

 八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。 

 ☆Attestationは、証明、認証。

☆instrumentsは、法律文書で契約書、協定書、委任状

☆ratificationは、批准

☆diplomatic documents は外交文書

☆provideは、定める

 さりはま訳)批准の委任状と法で定められる他の外交文書の認証

  9.Receiving foreign ambassadors and  ministers

 九 外国の大使及び行使を接受すること。

 ☆Receiveは、( 客、訪問者 )を出迎える、歓迎する

☆ambassadors (大使)、ministers(公使)の順で偉いみたい

 さりはま訳) 外国の大使と公使を出迎えて歓迎すること

  

10.Performance of ceremonial functions.

 十 儀式を行ふこと。

 ☆functionは、儀式、行事

 さりはま訳) 儀式的な行事の遂行

 

 Article 8.No property can be given to, or received by, the Imperial House, nor can any gifts be made therefrom, without the authorization of the Diet.

 八条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない

 ☆property は財産

☆gifts は、贈与

☆therefrom は、そこから

☆autjorizeは、COBUILDによれば、If someone in a position of authority authorizes something’s, they give their official permission for it to happen.

 

さりはま訳) 皇室に財産を譲り渡す場合も、皇室が財産を受け取る場合も、贈与をする場合も、国会の議決が必要である。

CHAPTER II. RENUNCIATION OF WAR

第二章 戦争の放棄

Article 9.Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

 第 九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国除紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

☆renunciation とは、COBUILDによれば、the renunciation of a claim, title, or privilege is the act of officially giving it up. 要求、称号、特権を公けに放棄すること。

☆aspireは、( 特に偉大なものや価値あるものを )切望する。

☆sincerelyは、心から。

☆sovereignは、自治の、独立の、主権を有する

?sovereign rightは、どう訳したものだろうか?

☆settleは、解決する

☆disputeは、紛争

☆potentialは、可能性

☆maintainは、COBUILDによれば、you continue to have it, and do not let it stop or grow weaker.

☆belligerencyは、交戦国の立場であること

 

さりはま訳)第9条  私たち日本人は正義と秩序に基づく国際平和を心から望んでいるので、国家の主権としての戦争も、国際紛争を解決する手段として武力で脅かしたり、武力を用いたりすることを永久に放棄します。

 

 先の段落の目的を成し遂げるために、陸軍も、海軍も、空軍も、他に戦争の可能性になりそうなものも、保有されることはない。国家が交戦国の立場になる権利は認められることはないものとする。

CHAPTER III. RIGHTS AND DUTIES OF THE PEOPLE

第三章 国民の権利及び義務 

☆rights権利は、COBUILDによれば、your rights are what you are morally or legally entitled to do or to have.すなわち行動したり、所有したりするのが、道徳的、法的に認められているもの。

☆duties義務は、COBUILDによれば、if you say that something is your duty, you believe that you ought to do it because it is your responsibility.自分の責任だから、そうすべきだと考えること。

Article 10.The conditions necessary for being a Japanese national shall be determined by law.

第 十条 日本国民たる要件は、法律でこれを定める
☆conditions necessary  forとは、「~のために必要な条件」
☆conditions necessarry for being Japanese necessary とは、「日本国民であるために必要な条件」
 
さりはま訳) 日本国民であるために必要な条件は、法律により定めるものとする。

 

Article 11.The people shall not be prevented from enjoying any of the fundamental human rights. These fundamental human rights guaranteed to the people by this Constitution shall be conferred upon the people of this and future generations as eternal and inviolate rights.

 

 十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

 

☆enjoy 享有とは、広辞苑によれば、権利・能力など無形のものを、生まれながらに身に受けて持っていること。COBUILDによれば、If you enjoy something such as a right, benefit, or privilege, you have it.すなわち権利、恩恵、特権のようなものを持っているということ。

 

☆human rightsは基本的人権。広辞苑によれば、人間が生まれながらにして有している権利。人は生まれながらにして自由かつ平等であるという主張に表現されており、アメリカの独立宣言やフランスの基本的人権により国家の基本原理として確立。日本国憲法は平等権、自由権的基本権(人身の自由、精神の自由、経済の自由)、社会権的基本権のほか、基本的人権を確実にする参政権などについて規定、とある。

☆conferは、与える、授ける、授与する

☆this はgeneration世代にかかり、今の世代ということ。

inviolateは、COBUILDによれば、If something is inviolately, it has not been or cannot be harmed or affected by anything.

さりはま訳) 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保証する基本的人権は、永遠におかすことのできない権利として、現在の世代から将来の世代にわたるまで与えられることができる。

Article 12.The freedoms and rights guaranteed to the people by this Constitution shall be maintained by the constant endeavor of the people, who shall refrain from any abuse of these freedoms and rights and shall always be responsible for utilizing them for the public welfare.

十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
☆freedm自由は、不可算名詞とする辞書がほとんどだったが、ジーニアスは『自由』の意味で、可算、不可算の両方としてていた。ジーニアスによれば、(拘束、束縛のない状態を積極的に享有)する自由(の状態)。libertyだと、以前の拘束状態を暗示し、現在の解放状態に重きを置いた消極的な自由
☆rightsは、(正当な要求、法的保証、道徳的信条などによってすべての人間が当然受けるべき)権利、人権、公民権
☆endeavor努力
☆refrain fromは、慎む
☆abuseは、乱用、悪用
☆utilizing(utilize)は、役立たせる、利用する
さりはま訳) この憲法により国民に保証されている自由と権利は、国民のたえまない努力によって維持されるものである。国民はこうした自由と権利の乱用を慎み、公共の福祉のためにもちいる責任がある。

 

Article 13.All of the people shall be respected as individuals. Their right to life, liberty, and the pursuit of happiness shall, to the extent that it does not interfere with the public welfare, be the supreme consideration in legislation and in other governmental affairs.

 
十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
☆respectは、COBUILDによれば、If you respect someone’s, you have a good opinion of  their character or ideas. 
☆individualは、ランダムハウス英和大辞典によてば、社会、家族に対しての個人
☆interfere withは、COBUILDによれば、Something that interferes with a situations, activity, or process has a damaging effect on it.
☆considerationは、COBUILDによれば、Consideration is careful thought about something.
☆legislationは、ランダムハウス英和大辞典によてば、立法、あるいは立法行為、法律制定。
☆governmentalは、COBUILDによれば、Governmental means relating to a particular governments, or to the practice of governing a country.個々の政府に関連したことを意味したり、国を統治する実践に関連したことを意味している。
さりはま訳) すべて国民は、個人として尊重される。国民の生命の権利、自由の権利、幸福を追求する権利は、公共の福祉をそこなわない限り、法律制定において、国を統治する状況において、よく熟考されなければならない。

Article 14.All of the people are equal under the law and there shall be no discrimination in political, economic or social relations because of race, creed, sex, social status or family origin.

第 十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
☆originは、ランダムハウス英和大辞典によれば、生まれ、出生、出身、家柄、素性、血統のこと。
☆門地は、広辞苑によれば、家柄のこと。
さりはま訳) すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的地位、家柄により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。
Peers and peerage shall not be recognized.
 
華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
☆peersは、貴族。COBUILDによれば、In Britain, a peer is a member of the nobility who has or had the right to vote in the House of Lordship.
☆peerageは、COBUILDによれば、If someone has a peerage, they have the rank of a peer.なので爵位。
さりはま訳) 華族、および爵位は認めない。
No privilege shall accompany any award of honor, decoration or any distinction, nor shall any such award be valid beyond the lifetime of the individual who now holds or hereafter may receive it.
 
栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
☆acompanyは、COBUILDによれば、If one thing accompanies another’s, it happens or exists at the same time.
☆awardは、新英和大辞典によれば、授与されるもの。
☆decorationは、勲章
☆distinctionは、名誉・栄誉の授与
☆validは、法的に有効な
☆hereafterは、将来
☆individualとわざわざ使っているのは、家族や一族には関係ないという含みではないだろうか。
さりはま訳) いかなる栄誉も、勲章も、名誉も、特権をともなわない。こうした栄誉、勲章、名誉は、授与された本人、あるいは将来授与される本人が存命中のあいだ有効である。

Article 15.The people have the inalienable right to choose their public officials and to dismiss them.

十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

☆inalienableは、奪うことのできない。COBUILDによれば、If you say that someone has an inalienable right to something’s, you are emphasizing that they have a right to it which cannot be change or taken away. すなわち変えたり奪ったりできない権利。

☆officialsは、政府の役人、公務員、政府筋。COBUILDによれば、An official is a person who holds a position authority in an organizational.

☆公務員でもちろんいいのだけど、原文はもっと要職についている人も想定していると思う。

☆dismissは、免職、解雇する

さりはま訳) 国民には、政府の役人や公務員を選び、また解雇する権利があり、この権利は変えることもできなければ奪うこともできないものである。

All public officials are servants of the whole community and not of any group thereof.

すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

☆servantは、COBUILDによれば、You can use servant to refer to someone or something that provides service for people or can be used by them.つまり人々にサービスを提供したり、人々に使われるひとのこと。ちなみにserviceは、COBUILDによれば、If you refer to someone’s servic3 or services to a particular organization or activity, you mean that they have done a lot of work for it or spent a lot of their time on it. 組織や活動のために仕事をたくさんしたり時間をさくこと。

☆奉仕者だとボランティアのような響きになるが、もともとはしっかり働いてもらう人くらいの意味ではないか

☆communityは、COBUILDによれば、The community is all the people who live in a particular area or place.特定の地域や場所に住んでいる人

☆thereofは、それについて、この場合どういう意味で使われているのか不明。国の、くらいの意味だろうか。

 

さりはま訳)すべての政府要職および公務員は国全体のために働くものであり、特定の集団のために働くものではない。

 Universal adult suffrage is guaranteed with regard to the election of public officials.

公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

☆suffrageは、選挙権

  さりはま訳) 政府要職の選挙について、成年者の選挙権を一般的に保証する。

 In all elections, secrecy of the ballot shall not be violated. A voter shall not be answerable, publicly or privately, for the choice he has made.

すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

☆ballotは、投票。

☆violateは、権利、プライバシーなどを侵害する。

☆選挙人は、広辞苑によれば選挙権を有する者。でもvoterは、簡単にいえば投票者。

☆answerableは、責任を負うべき

さりはま訳) すべての選挙において、投票内容の秘密は侵してはならない。投票者は、選択について、公的にも私的にも責任をとわれない。

Article 16.Every person shall have the right of peaceful petition for the redress of damage, for the removal of public officials, for the enactment, repeal or amendment of laws, ordinances or regulations and  for other matters; nor shall any person be in any way discriminated against for sponsoring such a petition.
 
 
十六条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
 
☆petitionは、請願、嘆願
☆redressは、救済
☆removalは、免職
☆enactmentは、法律の制定
☆repealは、廃止
☆amendmentは、改正
☆discriminateは差別する
☆sponsorは、支持する
 
さりはま訳) あらゆる人は、損害の救済、公務員の免職、法律、命令、または規則の制定、廃止、改正について平和に請願する権利がある。そうした請願を支持したために、いかなる差別もうけないものとする。

article 17.Every person may sue for redress as provided by law from the state or a public entity, in case he has suffered damage through illegal act of any public official.

十七条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

☆sueは、告訴する
☆redressは、救済、補償、賠償
☆stateは、国家
☆entityは、存在。COUBUILDによれば、An entity is something that exists separately from other things and has a clear identity of its own.

さりはま訳)すべての人は、相手がどんな公務員だろうと違法行為のせいで損害を受けたときには、国や公共団体に法で定められている賠償を求めて告訴してもよい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.