幻想文学関連のイベント

 東雅夫 講演会

「翻訳という視点から見た怪奇幻想文学移入史」

 

◇日時    2018年7月28日(土)14:00~16:00

◇場所 日本近代文学館(目黒区駒場4-3-55)

◇定員    18名予定(定員を増やす可能性もあり)

◇講師 東雅夫(文芸評論家・アンソロジスト)

◇講師よりメッセージ

  翻訳という視点から見た怪奇幻想文学移入史は、ちくま文庫の『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』と『世界幻想文学大全 幻想小説神髄』の2冊で試みた、歴史的名訳で味わう幻想文学オールタイムベストとも連携するテーマとなります。
明治初期の井上勤や黒岩涙香に始まって、日夏耿之介や西條八十、松村みね子、平井呈一あるいは堀口大學から澁澤龍彦に至る歴代の名訳者たちについて、ざっくばらんに語りたいと思います。

◇参加申し込み先

「さりはま」もしくは「杉山」までメールでお願い致します。elf☆ssugiyama.xsrv.jp (☆は@に変えてください)

参加希望者の人数にあった会場をおさえたいと思います。

予定がかわって参加できなくなりましてもご連絡くだされば大丈夫です。

参加を希望される方は早めにご連絡頂けると助かります。

◇会費 2500円

当日会場で集めるか、事前に振り込みをお願いするのか、参加者の人数によって決め、7月22日までに連絡致します。

◇関連図書

『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』(ちくま文庫)

『世界幻想文学大全 幻想小説神髄』(ちくま文庫)