東雅夫講演会2019.3.23

東雅夫講演会

 

翻訳という視点から見た怪奇幻想文学移入史 第2回

 

「受け継がれゆくもの──平井呈一をめぐって」

 

英米怪奇小説翻訳の名匠・平井呈一は、河東碧梧桐、佐藤春夫、永井荷風ら錚々たる師匠たちから何を受け継ぎ、マッケンや小泉八雲、ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』などの翻訳や、怪談文芸の名作『真夜中の檻』執筆へと駆り立てられていったのでしょうか? 弟子筋にあたる紀田順一郎、荒俣宏、由良君美らがそれぞれに、平井から継承したものとは? 講師・東雅夫が、平井呈一をめぐる幻想と怪奇の系譜を語ります。同時に講師による平井作品の朗読もお楽しみください。(主催者より)

 

平井呈一           参考図書          東雅夫

 

 

 

◇講師:東雅夫(アンソロジスト、文芸評論家)

◇日時:2019年3月23日(土)午後2時より4時まで

◇場所:日本近代文学館(東京都目黒区駒場4丁目3-55)

◇参加費:2500円

◇申し込み先:2月22日までに杉山までメールにてお申し込みください。

 elf☆ssugiyama.xsrv.jp までメールでお願いします。

一週間しても返事のない場合、お手数ですがsarihama☆icloud.comへ再度お願いします。

とくにGメールの方は届かなかったり、遅れることが度々あるようなので、気をつけてください。

◇参考図書:平井呈一「真夜中の檻」(創元推理文庫)