チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第183回

「私はケンブリッジのブリークスピア・カレッジで副学長をしている者です」断固としたモーゼスは読み上げた。「あなた方が哀れなスミスについて言われていることを証明します。私の不幸なる義務とは、彼が学部生だった頃、もう少し程度の軽いものではありましたが、数々の悪行をしていたことを非難するにとどまらないのです。実際、最後の悪行についても証言せねばなりません。それは学部生時代の終わりころのことでした。彼はブリークスピアの学長である私の友人の家の下を通りがかりました。それはカレッジと続いている建物で、ニ、三の古いアーチと支柱によって、橋のように、カレッジとつながっている建物です。そのあいだを水が流れ、その水は川へとつながっていくのです。びっくりしたことに、きわめて高い地位にある我が友が空中にぶらさがり、れんが積みにしがみついていました。その様子からも、態度からも、彼がひどい不安に苦しんでいることがわかりました。しばらくして大きな銃声が二発とどろいたとき、はっきりと気づいたのですが、学部生のスミスが学長の窓から身をのりだし、何度も、レボルバーを学長にむけたのです。私を見ると、スミスは大声をあげて笑いだしましたが、その横柄さには、狂気も混じっていました。ですが思いとどまったようでした。門番に梯子を取ってきてもらい、学長を痛ましい姿勢から引き離すことができました。スミスは退学処分となりました。同封した写真は、大学のライフルクラブの受賞者たちのものですが、大学にいた頃のスミスも写っています。あなたの忠実なる僕、アモス・ボールター」

 

“Hi am the Sub-Warden of Brikespeare College, Cambridge,” proclaimed the uncompromising Moses, “and I can endorse the description you gave of the un’appy Smith. It was not alone my unfortunate duty to rebuke many of the lesser violences of his undergraduate period, but I was actually a witness to the last iniquity which terminated that period. Hi happened to passing under the house of my friend the Warden of Brikespeare, which is semi-detached from the College and connected with it by two or three very ancient arches or props, like bridges, across a small strip of water connected with the river. To my grive astonishment I be’eld my eminent friend suspended in mid-air and clinging to one of these pieces of masonry, his appearance and attitude indicatin’ that he suffered from the grivest apprehensions. After a short time I heard two very loud shots, and distinctly perceived the unfortunate undergraduate Smith leaning far out of the Warden’s window and aiming at the Warden repeatedly with a revolver. Upon seeing me, Smith burst into a loud laugh (in which impertinence was mingled with insanity), and appeared to desist. I sent the college porter for a ladder, and he succeeded in detaching the Warden from his painful position. Smith was sent down. The photograph I enclose is from the group of the University Rifle Club prizemen, and represents him as he was when at the College.— Hi am, your obedient servant, Amos Boulter.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第182回

グールドはびっくり箱の人形のように、びょんと飛び上がると、その手に大学のものらしい文書をにぎりしめ、顔に著しい自惚れをうかべた。甲高い、ロンドン訛りの大声で読み上げ始めたが、それは鶏が時をつくる声のように突然であった。

「サー、手前はケンブリッジ、ブリークスピア・カレッジの副管理人であります」

「おやおや、これは」ムーンはつぶやくと後ずさったが、それは銃が爆発したときに人々がするような動きだった。

 

Gould jumped up with a jerk like a jack-in-the-box, an academic-looking paper in his hand and a fever of importance on his face. He began in a loud, high, cockney voice that was as abrupt as a cock-crow:—

“Sir,—Hi am the Sub-Warden of Brikespeare College, Cambridge—”

“Lord have mercy on us,” muttered Moon, making a backward movement as men do when a gun goes off.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第181回

アーサー・イングルウッドは、一瞬、不思議そうに、テーブルの足もとにいる大きな男に視線をはしらせたが、その男は紙のように薄い体で、三角帽がよく似合っていた。それからピム博士のほうをふりかえってみると、博士は静かな調子で結論をのべていた。

「私たちに残されていることといえば」彼は言った。「彼が以前にやろうとした犯罪について、実際に証拠を提出することだ。法廷と被告側の指導者たちのあいだには、すでに同意がなりたっている。ああした場面の証人たちから、信頼できる文書をもらい、証拠とすることが許されている。また被告は、それを自由に検討することができる。そうした侮辱の数々から、私たちは一つの事例を選んだ。もっとも明白であり、もっとも醜聞にみちた事例だ。よって遅滞なく我が後輩、グルード氏を呼び、二通の手紙を読んでもらう。一通は副管理人からのもので、もう一通は門番からのものである。両者とも、ケンブリッジ大学のブレークスピア・カレッジの者だ」

 

Arthur Inglewood glanced curiously for an instant at the huge creature at the foot of the table, who was fitting a paper figure with a cocked hat, and then looked back at Dr. Pym, who was concluding in a quieter tone.

“It only remains for us,” he said, “to bring forward actual evidence of his previous attempts. By an agreement already made with the Court and the leaders of the defence, we are permitted to put in evidence authentic letters from witnesses to these scenes, which the defence is free to examine. Out of several cases of such outrages we have decided to select one— the clearest and most scandalous. I will therefore, without further delay, call on my junior, Mr. Gould, to read two letters—one from the Sub-Warden and the other from the porter of Brakespeare College, in Cambridge University.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第180回

ピム博士は、厳めしく続けた。「知識をえるためにフェレットを飼う者なら感じるところだが、その生き物の残忍さとは功利を目的にするところにあるのではなく、残忍さそのものというところにある。これはフェレットの場合なのかもしれないが、被告人の場合もたしかにそうである。彼がやってきた非道の数々に、狂人のような狡さを見出すかもしれない。彼がひきおこす流血沙汰には、たいてい正気の人のような純真さがある。だが、それは太陽や元素のように、まったく確かなものなのである。我らが処女地、西の地には虹が滝にかかるとすぐに、彼を殺戮にかりたてる自然の力が働く。いかに科学的なものであろうと、彼をなだめる環境はない。薄暗い回廊の、銀のごとき沈黙に、あの男をおいてみなさい。司教杖や白衣で暴力行為が行われることだろう。彼を幸せな子供部屋で育てあげ、我々勇敢な眉をしたアングロサクソンの幼年時代にその身をおいても、彼は縄跳びで絞め殺す術を見つけ、煉瓦で殴りつける術を見つけるだろう。環境は好ましいものかもしれない。教育も立派なものかもしれない。望みも高いものかもしれない。だが血をもとめるイノセント・スミスの飢えはすさまじく、隠しようがないもので、定められた時期がくれば、よく時をあわせた爆弾のように爆発するだろう」

 

Dr. Pym continued somewhat sternly—”who, in the interests of knowledge, kept ferrets, felt that the creature’s ferocity is not utilitarian, but absolutely an end in itself. However this may be with ferrets, it is certainly so with the prisoner. In his other iniquities you may find the cunning of the maniac; but his acts of blood have almost the simplicity of sanity. But it is the awful sanity of the sun and the elements—a cruel, an evil sanity. As soon stay the iris-leapt cataracts of our virgin West as stay the natural force that sends him forth to slay. No environment, however scientific, could have softened him. Place that man in the silver-silent purity of the palest cloister, and there will be some deed of violence done with the crozier or the alb. Rear him in a happy nursery, amid our brave-browed Anglo-Saxon infancy, and he will find some way to strangle with the skipping-rope or brain with the brick. Circumstances may be favourable, training may be admirable, hopes may be high, but the huge elemental hunger of Innocent Smith for blood will in its appointed season burst like a well-timed bomb.”

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第179回

彼は視線をおとすと、己の雄弁さにやや感銘をうけた様子で、軽く咳払いをして、ボストン流のすばらしい仕草で、四本の細い指先を広げてから話を続けた。「ここにあるのは幸せで、人間らしい考えの結論にすぎないながら、目の前の哀れな男についての考察である。それなんだよ、ミルウォーキーの博士がすっかり明らかにしたのは。偉大な男だ。『破壊的なタイプ』という研究書で、秘密を明らかにしていくソネンシャインのことだよ。スミスのことを殺人者として告発はしない。殺人をしかねない男として告発するのだ。いかにもというタイプだから、その命は、むしろ健康状態はと言うべきなのかもしれないが、殺人の渦中にある。なかには常軌を逸しているのではなくて、より新しく、より高度な存在なのだと考えるものもいる。私の昔からの友人、バルガー博士はフェレットを飼っているが-」(ここでムーンは突然、大きく「万歳」と叫んだが、即座に悲劇的な表情を取り戻したので、デューク夫人はその音の正体をたしかめようと四方をながめた。

 

He looked down, somewhat affected with his own eloquence, coughed slightly, putting up four of his pointed fingers with the excellent manners of Boston, and continued: “There is but one result of this happier and humaner outlook which concerns the wretched man before us. It is that thoroughly elucidated by a Milwaukee doctor, our great secret-guessing Sonnenschein, in his great work, `The Destructive Type.’ We do not denounce Smith as a murderer, but rather as a murderous man. The type is such that its very life— I might say its very health—is in killing. Some hold that it is not properly an aberration, but a newer and even a higher creature. My dear old friend Dr. Bulger, who kept ferrets—” (here Moon suddenly ejaculated a loud “hurrah!” but so instantaneously resumed his tragic expression that Mrs. Duke looked everywhere else for the sound);

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第178回

ここで彼は一息つくと、拳をにぎりしめて目の前につきだしたが、その様子はとらえどころのない考えが横切る瞬間をしっかり捕まえようとしているようであった。彼は目を細め、「修正した」と言ってから言葉を続けた。「死についての見方を、根本から修正した。迷信の時代においては、死とは人生の終末であり、混乱だった。悲劇であるとさえ見なされるものであり、しばしば厳粛さにつつまれているものだった。しかしながら明るい時代となり、今、私たちが考える死とは、宇宙的なものであり、避けがたいものでもある。そうした魂をかきまわすものの一部を、そして心をささえるものの平均を、都合よくも自然の摂理と呼んでいる。同じようにして、殺人のことも「社会的」に考えるようになった。人生から力ずくで奪い取られるものではあるが、単なる個人的な感情を脱したときに、私たちには特権が与えられる。それは黄金の収穫をもたらすようなものであり、殺す者と殺される者の繰り返しを永遠に続けることなのだ」

 

here he paused, poising his compressed finger and thumb in the air as if he were holding an elusive idea very tight by its tail, then he screwed up his eyes and said “modified,” and let it go—”has profoundly Modified our view of death. In superstitious ages it was regarded as the termination of life, catastrophic, and even tragic, and was often surrounded by solemnity. Brighter days, however, have dawned, and we now see death as universal and inevitable, as part of that great soul-stirring and heart-upholding average which we call for convenience the order of nature. In the same way we have come to consider murder SOCIALLY. Rising above the mere private feelings of a man while being forcibly deprived of life, we are privileged to behold murder as a mighty whole, to see the rich rotation of the cosmos, bringing, as it brings the golden harvests and the golden-bearded harvesters, the return for ever of the slayers and the slain.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第177回

こうして堅固に築かれた裁判所をまえにして、サイラス・ピム博士は、両耳にかかる蜂蜜色の髪をかきあげると、事件の弁論を開始した。彼の陳述は明瞭であり、抑制されてもいた。その陳述では比喩表現がほとばしるように語られ、人々の注意をひいたが、それは言いあらわし難いほどの不愛想さのせいであって、アメリカ人の演説に非凡さがあるせいではなかった。

彼は華奢な指すべての指先をマホガニーのうえにたてると、目をつむり、口をひらいた。「そういう時代ではなくなったのだ」彼は言った。「殺人が道徳にからむものであり、個人的なものだと見なされる時代ではなくなった。おそらく殺人者にとっても大事なことだし、殺される側にとっても大事なことだろう。科学は深いところまで…」

 

It was before this solidly-established tribunal that Dr. Cyrus Pym, after passing a hand through the honey-coloured hair over each ear, rose to open the case. His statement was clear and even restrained, and such flights of imagery as occurred in it only attracted attention by a certain indescribable abruptness, not uncommon in the flowers of American speech.

He planted the points of his ten frail fingers on the mahogany, closed his eyes, and opened his mouth. “The time has gone by,” he said, “when murder could be regarded as a moral and individual act, important perhaps to the murderer, perhaps to the murdered. Science has profoundly…”

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第176回

もう片方でも、ムーンとイングルウッドが防御すべく、本やら文書やらで砦を築いていた。だが、これらのなかにはウィーダやウィルキー・コリンズが数冊含まれているように、ムーン氏の仕事は不注意なものであり、包容力のあるものであった。犠牲者であり告発者であるウォーナー医師について、ムーンは当初、隅の、高さのある衝立のかげにいてもらおうと、法廷で、下品にもせわしなく動いてみせた。だが、ひそかに相手に許したのは、ときどき衝立の上から覗いてもいいという許可であった。しかしながらウォーナー医師は、こうした場合の騎士道にそむいてしまい、多少の言い争いをしたあとで自らにあてがった席は、彼の法律顧問たちが並んでいるテーブルの右側であった。

 

On the other side, Moon and Inglewood, for the defence, were also fortified with books and papers; but as these included several old yellow volumes by Ouida and Wilkie Collins, the hand of Mr. Moon seemed to have been somewhat careless and comprehensive. As for the victim and prosecutor, Dr. Warner, Moon wanted at first to have him kept entirely behind a high screen in the corner, urging the indelicacy of his appearance in court, but privately assuring him of an unofficial permission to peep over the top now and then. Dr. Warner, however, failed to rise to the chivalry of such a course, and after some little disturbance and discussion he was accommodated with a seat on the right side of the table in a line with his legal advisers.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第175回

ソファのうえには椅子がならべられ、そこには三人の若いレディたちが窓を背にして座っていた。メアリー・グレイが真ん中に座っていた。その席は陪審員席と馬上戦術試合の中間にあたる類のものだ。長テーブルの真ん中あたりで、低い砦を築いているのは「善言集」八巻からなる装丁本で、それは道徳の壁となって、相争う両陣営を分けていた。右側に座っているのは起訴側の弁護士たち、ピム博士とグールド氏だった。本や文書をつみあげたバリケードに隠れていたが、ピム博士の場合、その本はもっぱら犯罪学に関するものだった。

 

On a row of chairs raised high on the top of a long settee sat the three young ladies with their backs up against the window, and Mary Gray in the middle; it was something between a jury box and the stall of the Queen of Beauty at a tournament. Down the centre of the long table Moon had built a low barrier out of eight bound volumes of “Good Words” to express the moral wall that divided the conflicting parties. On the right side sat the two advocates of the prosecution, Dr. Pym and Mr. Gould; behind a barricade of books and documents, chiefly (in the case of Dr. Pym) solid volumes of criminology.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第174回

この天幕のなかには、ずんぐりとしたデューク夫人の姿があって、クッションにもたれながら、その顔はすでにまどろんでいた。もう片方には起訴されたスミスがいて―いわば被告人席であろうか―寝室の軽い椅子で、その四辺を注意深く囲まれていた。椅子はどれも、彼がその気になれば、窓の外に足先で投げ飛ばすことのできるものだった。彼にはペンと紙が与えられた。その紙から、彼は紙のボートや紙の投げ槍、紙の人形をつくり、裁判のあいだずっと満足していた。彼は話すこともなければ、顔をあげることすらなく、無意識の状態にある様子は、まるで子供が空っぽの子供部屋の床に座りこんでいるかのようであった。

 

Inside this erection could be perceived the dumpy form of Mrs. Duke, with cushions and a form of countenance that already threatened slumber. At the other end sat the accused Smith, in a kind of dock; for he was carefully fenced in with a quadrilateral of light bedroom chairs, any of which he could have tossed out the window with his big toe. He had been provided with pens and paper, out of the latter of which he made paper boats, paper darts, and paper dolls contentedly throughout the whole proceedings. He never spoke or even looked up, but seemed as unconscious as a child on the floor of an empty nursery.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする