再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№37

フランチェスカはスパルタ式の禁欲主義を身につけていたので、機嫌をとるような微笑みをうかべ続けたけれど、耳にとぐろをまきながら、それでいて聞こうとしない聾の毒蛇が、このときばかりは美しいものに思えた。

ジュリアン・ジュル卿は、平凡さについては高い基準で知られた下院の一員をつとめてきたので、卿は環境に完璧にとけこみ、議会の進行を注意深く見守る者でさえも、下院のどちら側の席に卿が座ったのか思い出すことは、ほとんどできなかっただろう。与党によって卿にあたえられた男爵の地位は、少なくともそうした問題をとりのぞいてくれた。それから数週間してから彼は西インド保護領にある地の総督になったのだが、それは準男爵の地位を受けいれた報酬としてなのか、それとも西インド諸島の人々が、自分たちにふさわしい総督をむかえるという考えを実践した結果なのかは、何とも言い難かった。ジュリアン卿にすれば、その地位はたしかに、大事の一つであった。彼が総督をしている期間に、もしかしたら王族の人々が訪れるかもしれないし、あるいは地震の災禍に遭遇するかもしれないが、どちらにしても彼の名前が新聞にのるだろう。でも一般の人にすれば、それは関心の領域外であった。「彼は誰なのか、それはどこなのか」と問いかけたならば、彼についても、そして地理学的な面でも、情報の総計がただしく要約されたことだろう。

Francesca, with Spartan stoicism, continued to wear an ingratiating smile, though the character of the deaf adder that stoppeth her ear and will not hearken, seemed to her at that moment a beautiful one.

Sir Julian Jull had been a member of a House of Commons distinguished for its high standard of well-informed mediocrity, and had harmonised so thoroughly with his surroundings that the most attentive observer of Parliamentary proceedings could scarcely have told even on which side of the House he sat.  A baronetcy bestowed on him by the Party in power had at least removed that doubt; some weeks later he had been made Governor of some West Indian dependency, whether as a reward for having accepted the baronetcy, or as an application of a theory that West Indian islands get the Governors they deserve, it would have been hard to say.  To Sir Julian the appointment was, doubtless, one of some importance; during the span of his Governorship the island might possibly be visited by a member of the Royal Family, or at the least by an earthquake, and in either case his name would get into the papers. To the public the matter was one of absolute indifference; “who is he and where is it?” would have correctly epitomised the sum total of general information on the personal and geographical aspects of the case.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№36

不快なヨールの姿に彼女の顔は陰ったが、すぐに会心の微笑みがうかんできたのは、彼女に気づいた肥った中年の男が歓迎の挨拶をしてきたからだー自分のまわりにかき集めた貧弱な一団に、男はどうやら彼女もくわえたいようだった。

「今、わたし達が話していたのは、私の新しい体験についてなんです」彼は愛想よく話しかけてきたが、「私たち」という言葉には幾分憂鬱そうな表情の聞き手たちも含まれていたーだが、その聞き手は話し合いのときも、おそらく何も言ってはいないだろう。「この人たちに話していたところなんですよ。あなたもお聞きになると面白いと思うのですが」

The cloud that had passed over her face when she caught sight of the offending Youghal was presently succeeded by a smile of gratified achievement, as she encountered a bow of recognition and welcome from a portly middle-aged gentleman, who seemed genuinely anxious to include her in the rather meagre group that he had gathered about him.

“We were just talking about my new charge,” he observed genially, including in the “we” his somewhat depressed-looking listeners, who in all human probability had done none of the talking.  “I was just telling them, and you may be interested to hear this—”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№35

ヨールの懸命さに欠けた政治への見識のせいで、フランチェスカの顔に咎めるような色がうかんだのではなかった。原因は、コーマスだった。彼は学生生活からすでに離れ、今では社会的に問題のある人物となっていたが、最近になってこの若い政治家ヨールの仲間となり、賛美者になったばかりであった。コーマスは政治について何も知りもしなければ、考えることもなく、ただヨールの服装を真似しているだけのことで、あまり上手くいかないながら会話まで真似をしようとしていたので、フランチェスカはその傾倒ぶりを咎める自分の感情が正しいと思っていた。着飾って日々を過ごすような女にしても、贅をこらした格好で日々をすごす息子は心配なのである。

It was not Youghal’s lack of political sagacity that had brought the momentary look of disapproval into Francesca’s face.  The fact was that Comus, who had left off being a schoolboy and was now a social problem, had lately enrolled himself among the young politician’s associates and admirers, and as the boy knew and cared nothing about politics, and merely copied Youghal’s waistcoats, and, less successfully, his conversation, Francesca felt herself justified in deploring the intimacy.  To a woman who dressed well on comparatively nothing a year it was an anxious experience to have a son who dressed sumptuously on absolutely nothing.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№34

小さな部屋のひとつを抜けていく途中でー彼女はひっそりと身を隠している参加者をまだ探し求めていたーようやく見知った姿を見つけたが、そのとき微かに渋面が顔をよこぎった。彼女を少し不機嫌にさせた相手はコートニー・ヨールで、政治的には卓越した成功をおさめた勝者であり、政治家小ピットの話を聞いたこともないような世代にすれば、信じがたいほど若々しく見える者だった。ヨールの野心、あるいは趣味と言ってもいいかもしれないが、それは現代政治の陰鬱さに、ディズレーリのダンディズムを吹き込むということであったが、そのダンディズムもアングロ・サクソン好みの正確さのおかげで適切なものになっていた。そしてダンディズムをささえているのは、彼のケルトの血が受け継ぐウィットのきらめきであった。 ただ彼の成功は不十分なもので、上昇中の政治家に見受けられる図々しさはないながら、栗色にちかい金髪をゆらしながらの派手な弁舌も、にぎやかな火花をちらす警句も、永遠に彼のものであった。だが抑制しながら贅をこらした胴着も、ネクタイも、無駄な努力と言っていいものであった。もし桃色珊瑚のマウスピースをつかって紙巻きタバコを吸う習慣があれば、あるいはマッケンジー・タータンのスパッツをはいていれば、寛大な心をもつ有権者も、大げさな言葉で記事を書く記者も、彼に対して容赦しなかっただろう。公の生活を送るときに必要な策略とは、どこで一休みして、どこまで少しでも遠くに進むべきかを正確に知ることなのである。

Midway through one of the smaller rooms, still questing for an elusive presence, she caught sight of someone that she knew, and the shadow of a frown passed across her face.  The object of her faintly signalled displeasure was Courtenay Youghal, a political spur-winner who seemed absurdly youthful to a generation that had never heard of Pitt. It was Youghal’s ambition—or perhaps his hobby—to infuse into the greyness of modern political life some of the colour of Disraelian dandyism, tempered with the correctness of Anglo-Saxon taste, and supplemented by the flashes of wit that were inherent from the Celtic strain in him.  His success was only a half-measure. The public missed in him that touch of blatancy which it looks for in its rising public men; the decorative smoothness of his chestnut-golden hair, and the lively sparkle of his epigrams were counted to him for good, but the restrained sumptuousness of his waistcoats and cravats were as wasted efforts. If he had habitually smoked cigarettes in a pink coral mouthpiece, or worn spats of Mackenzie tartan, the great heart of the voting-man, and the gush of the paragraph-makers might have been unreservedly his.  The art of public life consists to a great extent of knowing exactly where to stop and going a bit further.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№33

「むだ話は役に立つし、必要なものなんだ」その若い男は話していた。「だが、わたし達にとって必要なことは、御し難いむだ話の耕地から主題を掘りあげて、現実的な話し合いという脱穀場に置くことだ」

若い娘は大げさな終止符を用いながら突進し、すでに舌先に用意してあった意見をたたきつけた。

「貧困の奴隷を解放するとき、注意深く避けないといけない過ちがあるわ。それは農奴を自由にしたときに、ロシアの官僚がおかした過ちよ」

彼女は自分の番になると、雄弁術の効果をねらって一呼吸おいた。だが呼吸をすばやく落ち着かせると、その若い男と釣り合いのとれた言葉をつかって話し始めたーその男も次なる意見へと口火をきっていた。

「ふたりとも出だしは上々ね」フランチェスカは考えた。「ふたりが攻撃しているのは、極貧の防止のようだけど。もし平凡さをふせぐための聖戦をだれかが始めたら、ここにいる善良な人たちはどうなってしまうのかしら」

“Talk is helpful, talk is needful,” the young man was saying, “but what we have got to do is to lift the subject out of the furrow of indisciplined talk and place it on the threshing-floor of practical discussion.”

The young woman took advantage of the rhetorical full-stop to dash in with the remark which was already marshalled on the tip of her tongue.

“In emancipating the serfs of poverty we must be careful to avoid the mistakes which Russian bureaucracy stumbled into when liberating the serfs of the soil.”

She paused in her turn for the sake of declamatory effect, but recovered her breath quickly enough to start afresh on level terms with the young man, who had jumped into the stride of his next sentence.

“They got off to a good start that time,” said Francesca to herself; “I suppose it’s the Prevention of Destitution they’re hammering at.  What on earth would become of these dear good people if anyone started a crusade for the prevention of mediocrity?”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№32

彼女の歩みは一組の男女のところでしばらくとまったー彼らは熱心かつ雄弁に、今日、くすぶっている問題について論じていた。痩身の、眼鏡をかけた若い男はすでに額が後退しつつあり、進歩的な意見をしばしば展開しては、眼鏡をかけた若い女に話しかけているのだが、その女の額も同じような様子を呈していて、しかも非常にだらしない髪をしていた。ロシアの女子学生に間違えられるということが、その娘の人生における野心であり、そのためにサモワールのどこに茶葉をいれるのかを正確に突きとめようとして、数週間にわたって根気強く調査をつづけていた。かつて彼女は、オデッサ出身のユダヤ娘に紹介されたことがあったが、そのユダヤ娘はその次の週に肺炎で亡くなってしまった。このようなわけで経験は乏しいながら、ロシアに関する全ての大家として任命された若い娘は、間隔があまりあいていない目を輝かせていた。

Her progress was impeded for a moment by a couple engaged in earnest and voluble discussion of some smouldering question of the day; a thin spectacled young man with the receding forehead that so often denotes advanced opinions, was talking to a spectacled young woman with a similar type of forehead, and exceedingly untidy hair.  It was her ambition in life to be taken for a Russian girl-student, and she had spent weeks of patient research in trying to find out exactly where you put the tea-leaves in a samovar. She had once been introduced to a young Jewess from Odessa, who had died of pneumonia the following week; the experience, slight as it was, constituted the spectacled young lady an authority on all things Russian in the eyes of her immediate set.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№31

フランチェスカがある一団の横を通り過ぎたとき、彼らはスペインの画家について論じている最中だったーその画家は四十三歳で、若い頃には、カンバスに数千におよぶ大量の四角を描いていたのだが、ロンドンでその名を知るものは数ヶ月前まで皆無であったーだがムクドリのような声は、どんな些細なことでも其の画家について知らせるべきだと心に決めたかのように思えた。三人の女性は、その画家の名前の発音の仕方を知っていた。別の女性はその画家の絵を見るたびに、森に行って、祈りを捧げなければいけないと常に感じていた。別の女性は、その画家の最近の絵には、ザクロが常にあることに気がついていた。そして弁護の余地がないカラーをつけた男は、ザクロが「意味する」ものを知っていた。「この画家のすばらしいと思うところは」肉づきのいい女性が挑戦的な大声でいった。「芸術上のしきたりをすべて無視していく手法にあるわ。一方で、そうしたしきたりが認めるものが全部残っているのよ」「たしかに。でも、こんなことを考えたことはーーー」ぞっとするカラーの男がさえぎった。フランチェスカは一心不乱に突き進み、ぼんやり訝しみながら進んでいった。耳が聞こえないという苦痛を感じながら、人々は何に苛立っているのだろうか。 

One group that Francesca passed was discussing a Spanish painter, who was forty-three, and had painted thousands of square yards of canvas in his time, but of whom no one in London had heard till a few months ago; now the starling-voices seemed determined that one should hear of very little else.  Three women knew how his name was pronounced, another always felt that she must go into a forest and pray whenever she saw his pictures, another had noticed that there were always pomegranates in his later compositions, and a man with an indefensible collar knew what the pomegranates “meant.” “What I think so splendid about him,” said a stout lady in a loud challenging voice, “is the way he defies all the conventions of art while retaining all that the conventions stand for.”  “Ah, but have you noticed—” put in the man with the atrocious collar, and Francesca pushed desperately on, wondering dimly as she went, what people found so unsupportable in the affliction of deafness.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№30

Ⅲ章

ある11月の午後ー以前、年代記に詳しく記した出来事から二年が経過していたー、フランチェスカ・バシントンは、友人のセレナ・ゴラークリィの部屋に大勢集まった人々をかき分けて進み 、うわの空という様子でうなずいていたが、その目はあきらかに特定の人物にくぎづけになっていた。国会は秋の開会にむけて勢いをましていたので、どちらの政党からも群衆のなかに参加者の姿が見受けられた。セレナは無邪気な風をよそおって、多少なりとも名のしられた男や女を自分の邸へと大勢招待したが、そうした人々を長いあいだ一緒にしておけば、「サロン」を形成するだろうと目論んでのことだった。同じ本能にかられて、彼女は週末に隠遁生活を送るサリー州の別荘に、様々な球根を植えてはボーダーガーデンをつくり、その結果をオランダ風庭園と呼んだ。 不幸なことに輝かしい話し手を自分の家に招くことはできるかもしれないが、いつも輝かしく話してもらえる訳ではない。それどころか、まったく話さないということもある。さらに悪いことに、ムクドリのような声をだす鈍重な連中の声を規制することはできない出来ない。そうした連中は、言わないでおいた方がいいようなことまで含めて、全ての話題に口出ししたいように見える。

On the evening of a certain November day, two years after the events heretofore chronicled, Francesca Bassington steered her way through the crowd that filled the rooms of her friend Serena Golackly, bestowing nods of vague recognition as she went, but with eyes that were obviously intent on focussing one particular figure.  Parliament had pulled its energies together for an Autumn Session, and both political Parties were fairly well represented in the throng. Serena had a harmless way of inviting a number of more or less public men and women to her house, and hoping that if you left them together long enough they would constitute asalon.  In pursuance of the same instinct she planted the flower borders at her week-end cottage retreat in Surrey with a large mixture of bulbs, and called the result a Dutch garden.  Unfortunately, though you may bring brilliant talkers into your home, you cannot always make them talk brilliantly, or even talk at all; what is worse you cannot restrict the output of those starling-voiced dullards who seem to have, on all subjects, so much to say that was well worth leaving unsaid.  


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№29

ランスローは椅子に戻り、執行人の好みに再度身をゆだねた。なんとかそこにとどまったが、そのあいだコーモスは八回鞭をふりおろし、チョークの線にむかって正確に、そして効果的に苦悶をあたえた。

 「ところで」喉をならして喘いでいる犠牲者に彼が声をかけたのは、刑罰が終わってからのことだった。「おまえはチェトロフといったな。たしか、お前に親切にするようにと頼まれていた。まずは今日の午後、俺の勉強部屋を掃除するんだ。古い陶磁器の埃をぬぐうときのように慎重にやるんだぞ。もし何か壊したときには言いにこなくてもいい。とっと出て行って、どこかで溺れ死ぬがいい。そうすれば、もっと悪い運命から救われることになる」

「先輩の勉強部屋がどこにあるのか知りません」息を押し殺してランスローはいった。

「見つけたほうがいいな。さもないと、また鞭でぶつぞ。今度は、もっと痛いからな。ほら、チョークをポケットに入れて持って行けくがいい。また役に立つだろう。俺がしたことに感謝するのはよせ、うっとうしいだけだ」

 コーモスは勉強部屋を持っていなかったので、ランスローは熱にうかされたように半時間ほど探し続け、またもサッカーの練習を逃してしまった。

 「ここではすべてがにぎやかです」ランスローは姉のエメリーンに手紙を書いた。「監督生たちのなかには、気分次第でとても熱くなる先輩もいますが、ほとんどの人は礼儀正しいです。でも中には、獣みたいな連中もいます。バシントンは監督生だけど、まだ下の学年なんです。獣の極みです。少なくとも、僕はそう考えています」

 男子生徒らしい寡黙さのせいで、それ以上は書かなかったが、エメリーンは、女性らしい卓越した想像力で、その行間をおぎなった。フランチェスカの橋には、亀裂が入ってしまった。

Lancelot got back on to the chair, and was re-arranged to the taste of his executioner.  He stayed there somehow or other while Comus made eight accurate and agonisingly effective shots at the chalk line.

“By the way,” he said to his gasping and gulping victim when the infliction was over, “you said Chetrof, didn’t you?  I believe I’ve been asked to be kind to you. As a beginning you can clean out my study this afternoon. Be awfully careful how you dust the old china.  If you break any don’t come and tell me but just go and drown yourself somewhere; it will save you from a worse fate.”

 “I don’t know where your study is,” said Lancelot between his chokes.

“You’d better find it or I shall have to beat you, really hard this time.  Here, you’d better keep this chalk in your pocket, it’s sure to come in handy later on.  Don’t stop to thank me for all I’ve done, it only embarrasses me.”

 As Comus hadn’t got a study Lancelot spent a feverish half-hour in looking for it, incidentally missing another footer practice.

 “Everything is very jolly here,” wrote Lancelot to his sister Emmeline.  “The prefects can give you an awful hot time if they like, but most of them are rather decent.  Some are Beasts. Bassington is a prefect though only a junior one. He is the Limit as Beasts go.  At least I think so.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№28

「チョークを一本貸してくれ」彼は監督生の仲間にいった。

 ランスローは、チョークで線をひくという話が真実であることを悲しい気持ちで理解した。

 コーモスは思いどおりの線をひいたが、それは不安になる程の正確さで、その線をユークリッドの図式やロシアとペルシアの境界地図に使おうとするなら、彼は潔しとしないことだろう。

 「もう少し前にかがむんだ」彼は犠牲者にいった。「もっとしっかりと。愛想良い顔をする必要はないぞ。こっちから、お前の面は見えないからな。異端の言葉に聞こえるかもしれないが、お前は俺よりももっと痛い思いをするんだ」

 慎重に間がとられた。それからランスローがまざまざと思い知らされたのは、本当に上手な者の手にかかると、どれほど巧みに鞭がふりおろされるかということだった。二ふりめの鞭に、大慌てで椅子から体を離した。

 「おや、回数を忘れてしまった」コーマスはいった。「また最初からやり直しだ。お願いだから、同じ位置に戻ってくれないか。終わりにならないうちにまた動いたら、ルートリィにおさえつけてもらって、もう十二回打つからな」

“Lend me a piece of chalk,” he said to his brother prefect.

Lancelot ruefully recognised the truth of the chalk-line story.

Comus drew the desired line with an anxious exactitude which he would have scorned to apply to a diagram of Euclid or a map of the Russo-Persian frontier.

“Bend a little more forward,” he said to the victim, “and much tighter.  Don’t trouble to look pleasant, because I can’t see your face anyway. It may sound unorthodox to say so, but this is going to hurt you much more than it will hurt me.”

There was a carefully measured pause, and then Lancelot was made vividly aware of what a good cane can be made to do in really efficient hands.  At the second cut he projected himself hurriedly off the chair.

“Now I’ve lost count,” said Comus; “we shall have to begin all over again.  Kindly get back into the same position. If you get down again before I’ve finished Rutley will hold you over and you’ll get a dozen.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする