隙間読書 泉鏡花「夜叉ヶ池」

「夜叉ヶ池」

著者:泉鏡花

初出:大正二(1913)年

青空文庫

(カバー写真は講談社文庫)

 

今日も飽きずに鏡花である。毎日、鏡花でも飽きないだろう。

でも潔癖症の鏡花のエピソードの数々―階段をふく雑巾は、幾種類か決められていて、この雑巾は何段目用とか決めていた―を聞くたびに、鏡花がはるか昔の作家でよかったと思う。毎日、埃に埋もれて暮らしている私だもの、もしサイン会とかで鏡花に出会っていたなら、一瞬で嫌いになっただろう。

「夜叉ヶ池」は鏡花が初めて書いた戯曲。ドイツ語ができる仲間とドイツ浪漫派ゲアハルト・ハウプトマンの「沈鐘」を共訳したあと、その翻訳作業をとおしてドイツ浪漫派を自分の血肉にしてから書いた戯曲らしい。

粗筋は龍神伝説に恋をからめたもの。「友人を探して全国行脚の学僧・学円は、或る村で百合という美しい女性に出会う。姿をあらわした百合の夫こそ、学円が探している友人・萩原だった。萩原は夜叉ヶ池に封じ込められている龍神が、また姿をあらわさないように日に三度鐘をついている。学円と萩原が夜叉ヶ池を見に出かけている間に、百合は雨ごいの生贄にされそうに。危機一髪のところで学円・萩原は戻ってくるが、百合は死を選ぶ。萩原も鐘をつくのはやめ、死をえらぶ。すると激しい雨が村をながして村人は魚に、百合たちは龍神のよって復活する」

初めての戯曲だから、いわゆる鏡花らしいオーラは「海神別荘」や「天守物語」と比べるとやや低め。

「天守物語」のように、最初から、秋の七草の侍女たちが草花の釣りを楽しむ…という幻想的な場面で始まるわけでもない。また歌も、「天守物語」の「ここはどこの細道じゃ、細道じゃ、天神様の細道じゃ、細道じゃ」に比べると、「夜叉ヶ池」の「山を川にしょう」は哀切感にやや欠けるかなという気が。

でも人間界の価値観を超越しようとする鏡花の言葉は、後の作品と同じくらいにハイテンションである。

剣ヶ峰の恋人からふみをもらった龍神・白雪は、人間との約束を破り、恋人のもとへ行こうとする。白雪が動けば、嵐となって村に災害をもたらすと止める姥にむかって、白雪は人間のことを「尾のない猿ども」とののしり、こう言い放つ。

義理や掟は、人間の勝手ずく、我と我が身をいましめの縄よ。…鬼、畜生、夜叉、悪鬼、毒蛇と言わるる我が身に、袖とて、褄(つま)とて、恋路を塞いで、遮る雲の一重もない!…先祖は先祖よ、親は親、お約束なり、盟誓(ちかい)なり、それは都合で遊ばした。人間とても年が経てば、ないがしろにする約束を、一呼吸(ひといき)早く私が破るに、何に憚る事がある! ああ、恋しい人のふみを抱いて、私は心も悩乱した、姥、許して!

潔癖症の鏡花は、義理人情という手垢のついた価値観は許せないものだったのだろう。悩む瞬間もなく否定する。その価値観は私には古いものでもないし、妥協しようとしない姿勢も好きだなあと思いながら読んだ。でも日常生活の潔癖症は我慢できないけど。

読了日:2017年7月13日

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライブ」二部一章第232回

「ああ」イームズはしぶしぶ認めた。「君は正しいよ。最優等学位ものだ」

「そのとおり」スミスは言うと、元気づけられたかのように立ち上がった。「私は名誉ある時を過ごしてきた。だが、もう此処を離れたい。なんとか伝えたいから」

「君は伝える必要なんかない」イームズは静かな自信をこめて言ったが、それは陰謀をめぐらした十二年間からくるものだった。「我々に関する諸々のことは、頂点にいる男から、その男のまわりの人々へと伝えられるものである。私が頂点にいる男だ。だから、まわりの人達に真実を告げる」

がっしりとしたスミスは立ちあがり、しっかりとした足どりで窓辺にむかった。そして其の口調も劣らずしっかりとしていた。「僕が伝えなくてはいけない」彼は言った。「それに人々に真実を教える必要はない」

「なぜ」と相手は訊いた。

 

“`Yes,’ said Eames very slowly, `I think you are right.
You shall have a First!’

“`Right!’ cried Smith, springing up reanimated. `I’ve passed with honours, and now let me go and see about being sent down.’

“`You needn’t be sent down,’ said Eames with the quiet confidence of twelve years of intrigue. `Everything with us comes from the man on top to the people just round him: I am the man on top, and I shall tell the people round me the truth.’

“The massive Mr. Smith rose and went firmly to the window, but he spoke with equal firmness. `I must be sent down,’ he said, `and the people must not be told the truth.’

“`And why not’ asked the other.

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 泉鏡花「海神別荘」

「海神別荘」

著者:泉鏡花

初出:大正2年(1913年)

青空文庫

(写真は岩波文庫)

 

閑な私ではあるけれど、なかなか読書に長い時間をさくのは難しい。

分厚い文庫上下巻(翻訳物に多いような)を読んで睡眠時間を削られて、読後感が「で、なにが言いたい?」だったときの空虚さ…は避けたい。

そこでと言うべきか、最近、日本の明治から大正にかけての日本文学を読むことが多い。

続きを読む

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 鏡花「天守物語」

天守物語

著者:泉鏡花

初出:1917年(大正6年)

青空文庫

(画像は山本タカト氏装丁の本)

 

大正6年につくられた戯曲「天守物語」が、今秋、金沢二十一世紀美術館で公演される。一世紀前、坪内逍遥全盛期の頃の戯曲である。そんな昔の戯曲の公演を今から楽しみにしている性急者は、おそらく私だけではあるまい。

一方で、こう疑問に思う方々もいることだろう。

坪内逍遥の時代の戯曲なのに?

大正の戯曲なのに?

そう思って首をかしげる方々も、冒頭の一節をお読みいただいたら納得していただけるのではないだろうか。

鏡花「天守物語」は確かに大正6年の戯曲である。だが、その世界は今の宮崎アニメの世界にも、童話の世界にも、現代文学の世界にも通じるものがあると。

御殿女中の薄が、天守から絹糸をたらして釣りをしている侍女をたしなめる場面である。


撫子 いえ、魚を釣るのではございません。

桔梗 旦那様の御前に、ちょうど活けるのがございませんから、皆で取って差上げようと存じまして、花を…あの、秋草を釣りますのでございますよ。

薄  花を、秋草をえ。はて、これは珍しいことを承ります。そして何かい、釣れますかえ。

桔梗 ええ、釣れますとも、もっとも、新発明でございます。

薄  高慢なことをお言いでない。-が、つきましては、念のために伺いますが、お用いになります。…餌の儀でござんすがね。

撫子 はい、それは白露でございますわ。

葛  千草八千草秋草が、それはそれは、今頃は、露を沢山(たんと)欲しがるのでございますよ。刻限も七つ時、まだ夕露も夜露もないのでございますもの。(隣を視る)ご覧なさいまし、女郎花さんは、もう、あんなにお釣りなさいました。

薄 ああ、ほんにねえ。まったく草花が釣れるとなれば、さて、これは静かにして拝見をいたしましょう。釣をするのに饒舌っては悪いと云うから。…一番だまっておとなしい女郎花さんがよく釣った、争われないものじゃないかね。

女郎花 いいえ、お魚とは違いますから、声を出しても、唄いましても構いません。-

ただ、風が騒ぐといけませんわ。…餌の露が、ぱらぱらこぼれてしまいますから。ああ、釣れました。

薄  お見事。


この場面に、鏡花のいつまでも古くならない魅力を想わないではいられない。

このあとに出てくる朱の盤坊、舌長老…名前からしてユーモラスな妖怪たちは、今読んでも面白い。

大名の理不尽さに憤る富姫の怒りも、私達がいつも感じる怒りである。

 

今秋、「天守物語」の世界を、この目で見ることができる、この耳で聞くことができる…ことが楽しみである。心は夏の秋聲トークをスキップして、もう秋の金沢にある。

読了日:2017年7月10日

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第231回

「ああ、そんなことを言わないでください!」スミスは洞察力をはたらかせて言ったが、それは心の痛みをともなうものであった。「そんなことを言わないでください。僕が混同していて、生の喜びと生きる意志を取り違えているなんて。それではドイツ語じゃないですか。しかもドイツ語のなかでも、それでは高地オランダ語ですよ。高地オランダ語ではさっぱり分からないじゃないですか。先生が橋にぶらさがっていたとき、先生の目には輝く光がありましたが、それは生命の喜びであり、「生きようとする意志」ではありませんでした。先生があの忌まわしいガーゴイルにまたがって知ったのは、あらゆることが言われたり、なされたりしたときには、世界は素晴らしくも、美しい場所だということなのです。僕にはわかります。あの瞬間にわかったのです。灰色の雲が桜色にそまるときに。家々のあいだの隙間にある金メッキをほどこされた時計を見たときに。こうしたことからなんですよ。先生が離れるのを嫌がったのは。人生から離れるのを嫌がったのではないのです。それが何であれ、イームズ、僕たちは死の淵まで共に行ったのです。正しいことを認めますか?」

“`Oh, don’t tell me that!’ cried Smith with the sudden clairvoyance of mental pain; `don’t tell me I confuse enjoyment of existence with the Will to Live! That’s German, and German is High Dutch, and High Dutch is Double Dutch. The thing I saw shining in your eyes when you dangled on that bridge was enjoyment of life and not “the Will to Live.” What you knew when you sat on that damned gargoyle was that the world, when all is said and done, is a wonderful and beautiful place; I know it, because I knew it at the same minute. I saw the gray clouds turn pink, and the little gilt clock in the crack between the houses. It was THOSE things you hated leaving, not Life, whatever that is. Eames, we’ve been to the brink of death together; won’t you admit I’m right?’

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

隙間読書 グラディス・ミッチェル「月が昇るとき」

「月が昇るとき」

著者:グラディス・ミッチェル

初出:1945年

訳者:好野理恵

出版社:晶文社

ISBN 4-7949-2743-6

 

日比谷海外ミステリ読書会の次回(9月24日午後日比谷図書館)課題本である。

この課題本に決定した直後、「相当しぶい課題本ですが参加者は集まりますかねえ」とか、「ますます会がディープになっていく」といろいろ心配して頂いた。

でもミステリビギナーの私にすれば、読後、「こんなに面白いミステリがあったんだ!」とミステリのイメージを大きく変えた一冊である。なぜグラディス・ミッチェルの本があまり翻訳されていないのかが不思議に思えるくらいに気に入った。

 

本書の内容は、帯によれば「月下の切り裂き魔。運河の町で発生した切り裂き魔による連続殺人事件を、13歳の少年の目を通して描き、不思議な詩情をたたえたグラディス・ミッチェルの傑作」とのこと。

でも帯にも、解説にも、この作品のおもしろさは書かれていない。解説のYさんとは、訳者だろうか?イニシャルだけの解説というのも初めてだなあ…イニシャルだけなら、こんな真面目に書かなくてもいいのに…と思ってもしまう。

もしかしたら、どこが大傑作なのかなあ…と迷いつつ訳されたり、編集されたりしたのだろうか。

訳書解説のどこにも書かれていない「月が昇るとき」のおもしろさとは? なぜ本作品が彼女の代表作なのかを知りたい方は、ぜひ9月24日午後日比谷図書館にて、宮脇孝雄先生の説明を聞いて考えてみませんか。

 

これから先はネタバレあり、不要の駄文。

続きを読む

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 澁澤龍彦 「初期作品集」より『人形塚』

『人形塚』

著者:澁澤

出版社:河出書房

初出:1962年12月双葉社「推理ストーリー」

澁澤のたった一つのミステリー短編ということで読むことにした。

だが澁澤唯一のミステリーという看板文句は、澁澤本人が作品中で「彼女を殺した者は誰か、というような疑問は、おれの心に一向に浮かばなかった」という調子で語り、話を進めていくから、この作品はミステリーとは言えない…気はするが、それでもこんなミステリ?なら、もっと読んでみたいと思う。

 

冒頭の文が時期にあっている。まるで今の私の気持ちを代弁してくれているよう、私がいえば「暑い、蒸す」だけなのに…と澁澤が語ればと惹きつけられる。

 

「六月某日―

毎日毎晩、ひっきりなしに雨が降りつづいている。いやな季節だ。蒸し蒸しする空気のなかで、家々の壁や塀はじっとり黒い汗をかき、カタツムリやナメクジの這いずりまわった粘液の跡が、鈍い銀色に光って見える。きたないもの、不潔なものの種子が、いっせいに、ぱあっと芽を吹き出したような感じだ。

人間の頭のなかにも、じめじめしたカビや菌類の花が咲き、まだ形をなさない胎児のような、ぐにゃぐにゃした、気違いじみた下卑た欲望の塊りが、うごめき出すのだ。

こんな季節になると、おれは無性にいらいらしてくる。」

 

澁澤の場合、汚描写も華があると言うべきか、どこかユーモラスと言うべきか、読ませてくる。なぜだろう。

この短編は、私が筋だけ語れば顰蹙物のホラーである。でも澁澤が語るとそうはならない。なぜか?

澁澤の世界と離れてしまうのを承知で筋をまとめる。ネタバレになる筋ではないが、ここからは一応ネタバレ。

続きを読む

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第230回

「ああ、わからないのですか。わかっていただけないのですか?」青ざめた顔の青年は苛々として叫んだ。「そうしなければならなかったのだ、イームズ。先生が間違っていると証明しなくては。そうしなければ私は死んでいたでしょう。若い頃には、心のさざ波をかきたてる人がいるものです。すべてを知っている人がいるものです。もし知っている者がいいたとすればですが。

ええ、先生は僕にとってそういう存在でした。先生は権威をもって話しますが、書記屋なんかではありません。もし先生が『慰め』がないと言われたら、誰も僕の心を慰めることはできません。もし先生がどこにも何もないと考えるなら、先生はそこに行かれて見たことがあるからでしょう。先生は本当のところ、そうするつもりはなかった。そう僕が証明しなくてはいけない。それがわかりませんか?そうしないなら、運河に落ちてしまうことでしょう」

「そうだね」イームズはためらいながら言った。「君は混乱しているようだが―」

 

“`Oh, don’t you understand, don’t you understand?’ cried the pale young man impatiently. `I had to do it, Eames; I had to prove you wrong or die. When a man’s young, he nearly always has some one whom he thinks the top-water mark of the mind of man— some one who knows all about it, if anybody knows.

“`Well, you were that to me; you spoke with authority, and not as the scribes. Nobody could comfort me if YOU said there was no comfort. If you really thought there was nothing anywhere, it was because you had been there to see. Don’t you see that I HAD to prove you didn’t really mean it?— or else drown myself in the canal.’

“`Well,’ said Eames hesitatingly, `I think perhaps you confuse—’

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

隙間読書『蒼白い月』

『蒼白い月』

著者:徳田秋聲

初出:1920(大正9)年7月

青空文庫

 

ふたたび徳田秋聲である。ただし少しは懲りたと言うべきか、学んだというべきか、今度は短編を読むことに。題名で決める軽率短慮な私、『青白い月』を読んでみた。

理想的な私小説読みの姿を教えていただき、登場人物に憑依したような気持ちになるぞ…と頁をめくる。

続きを読む

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第229回

そのとき、下をむいたスミスが見たものとは、副学長の顔にはりついた激しい恐怖であり、彼が耳にした優雅な叫び声とは、門番に梯子をとってくるように命じる副学長の声であった。

 イームズ博士が梯子から解放されるまでには少し時間がかかり、副学長から解放されるのにも、さらにもう少し時間がかかった。だが解放された途端、先ほどの並々ならぬ場面にいた相棒と再会した。驚いたことに、巨人のようなスミスが激しく身を震わせ、もじゃもじゃの頭を両手で抱えて腰をおろしていた。話しかけられると、彼は青ざめた顔をあげた。

「どうしたんだ?」イームズは訊ねたが、興奮もその時にはおさまって静かに囀るさまは、まるで朝の鳥のようであった。

「先生に温情を求めねばなりません」スミスは途切れ途切れに言った。

「死から脱出したばかりだということを理解していただかなければなりません」

「死から脱出したばかりだと」教授は言ったが、その苛立ちは分からないでもなかった。「なんて厚かましいんだ」

 

“It was at this moment that Smith, looking down, perceived apoplectic terror upon the face of the Sub-Warden, and heard the refined shriek with which he summoned the porter and the ladder.

“It took Dr. Eames some little time to disentangle himself from the ladder, and some little time longer to disentangle himself from the Sub-Warden. But as soon as he could do so unobtrusively, he rejoined his companion in the late extraordinary scene. He was astonished to find the gigantic Smith heavily shaken, and sitting with his shaggy head on his hands. When addressed, he lifted a very pale face.

“`Why, what is the matter?’ asked Eames, whose own nerves had by this time twittered themselves quiet, like the morning birds.

“`I must ask your indulgence,’ said Smith, rather brokenly.
`I must ask you to realize that I have just had an escape from death.’

“`YOU have had an escape from death?’ repeated the Professor in not unpardonable irritation. `Well, of all the cheek—’

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする