再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№80

「たしかに頭角をあらわしつつある」ヨールは、裁判官のようにみとめた。「問題は、いかにしてその場所にとどまるかだ。そのうち経済的な面で何かが起きなければ、どうやって議院にとどまればいいのか分からない。倹約なんて論外だ。そんなことをしたら人々が目を見開くことになる。ぼくがそんな状態にあるなんて少しも知らないのだから。それに収入をこえた暮らしをしているものだから、別々に暮らしているなんて言われるのかもしれない」

「お金持ちの妻をもたないといけないわ」モリーは、ややしてから言った。「成功のなかでも最悪の成功だけど。条件がたくさん必要になるわ。あなたの気配からわかるけど、そっちの方向で考えているのね」

 “I’m coming to the front,” admitted Youghal, judicially; “the problem is, shall I be able to stay there.  Unless something happens in the financial line before long, I don’t see how I’m to stay in Parliament at all.  Economy is out of the question. It would open people’s eyes, I fancy, if they knew how little I exist on as it is.  And I’m living so far beyond my income that we may almost be said to be living apart.”

“It will have to be a rich wife, I suppose,” said Molly, slowly; “that’s the worst of success, it imposes so many conditions.  I rather knew, from something in your manner, that you were drifting that way.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№79

ある日の午後のことだが、昔を回想することはやめ、過去数ヶ月にわたる醜聞がもっともらしく語られたが、会話のあいまにはさまれる中断には強い意志が働いているように感じた。モリーはすでに、そうした状況から新しい言葉が生まれるのだろうと見当をつけていた。醜聞はずいぶん前に頂点に達していて、新しい局面は衰退をむかえているようなところがあった。

「あなたときたら頭のまわる野獣なんだから」彼女は愛情にみちた悲しそうな様子で、ふと漏らした。「議院でうまくやっているのは知っているけど。こんなに早く頭角をあらわすなんて思ってもなかったわ」

On this particular afternoon, when old reminiscences had been gone through, and the intervening gossip of past months duly recounted, a lull in the conversation made itself rather obstinately felt.  Molly had already guessed that matters were about to slip into a new phase; the affair had reached maturity long ago, and a new phase must be in the nature of a wane.

“You’re a clever brute,” she said, suddenly, with an air of affectionate regret; “I always knew you’d get on in the House, but I hardly expected you to come to the front so soon.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№78

正直なところ衆目を集める事実なのだが、彼女の人間狩りときたら、一匹以上の獲物を追いかけるので、避けがたい恋の別れというものが訪れるのだが、彼女も、相手も、当惑することもなければ、仕返しをすることもなく、むしろ心待ちにするほどだった。年頃の娘たちを引き寄せるような時が過ぎても、彼女も、相手も、自分の人生が台無しにされたと相手を責めたてることはなかった。せいぜい週末が混乱したという程度のものであったろう。

Also the honestly admitted fact that, in her human hunting, she rode after more than one quarry, made the inevitable break-up of the affair a matter to which both could look forward without a sense of coming embarrassment and recrimination.  When the time for gathering ye rosebuds should be over, neither of them could accuse the other of having wrecked his or her entire life. At the most they would only have disorganised a week-end.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№77

彼女の要求は厳格なものではなかった。相手が若ければ、容貌が端麗であればと彼女は求め、少なくとも適度に面白い男性であることを求めた。相手には、いつまでも変わることのない忠実さを期待した。だが自分の前にいる相手をもとに考えてみれば、彼女も心に用心する事態があった。しかも、それはかなりの確率で発生するもので、相手がそうした類の男ではないということであった。「ガーデン・オブ・カーマ(愛欲の園)」の哲学は、彼女が小舟を遠くまで操るための羅針盤で、もし嵐や乱気流に遭遇したとしても、難破や停滞からは逃れることができた。
コートニー・ヨールは創造主から、熱情的な、あるいは献身的な恋人の役割を果たすようにはつくられていなかった。そこで良心的にとでもいうべきだろうか、創造主によってさだめられたその限界を尊重していた。しかしながらモリーにたいしては、たしかに合い響き合う愛情をいだいていた。彼女がいつも慕ってくれていることは明らかだったが、それでいながら見え透いた追従で悩ませることもなかった。戯れの恋だったものが何年もの試練に耐えた根本的な理由は、ほどよい間隔で火花を散らしては、燃えあがだけの関係にすぎなかったからだというところが真相であった。電話が人々のプライバシーという要塞を崩しつつある世の中では、隠遁生活の高潔さを保つのは、キャバレーのボーイのように機転のきいた嘘をつく能力なのである。ヨールはよくわかっていたが、この美しい女性が一年の大半を費やしているのは、狐を追いかけることであって、自分を追いかけることではなかった。

Her demands were not exacting; she required of her affinity that he should be young, good-looking, and at least, moderately amusing; she would have preferred him to be invariably faithful, but, with her own example before her, she was prepared for the probability, bordering on certainty, that he would be nothing of the sort.  The philosophy of the “Garden of Kama” was the compass by which she steered her barque and thus far, if she had encountered some storms and buffeting, she had at least escaped being either shipwrecked or becalmed.
Youghal had not been designed by Nature to fulfil the rôle of an ardent or devoted lover, and he scrupulously respected the limits which Nature had laid down.  For Molly, however, he had a certain responsive affection. She had always obviously admired him, and at the same time she never beset him with crude flattery; the principal reason why the flirtation had stood the test of so many years was the fact that it only flared into active existence at convenient intervals.  In an age when the telephone has undermined almost every fastness of human privacy, and the sanctity of one’s seclusion depends often on the ability for tactful falsehood shown by a club pageboy, Youghal was duly appreciative of the circumstance that his lady fair spent a large part of the year pursuing foxes, in lieu of pursuing him.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№76

やがて結婚生活が失敗だと判明するとしても、それでも彼女には結婚生活に期待するところがあって、ほどほどの期待を心にいだいていた。だから彼女の数々の恋愛では相手も異なっていて、恋愛が彼女を夢中にさせる人生の要素であることは明らかだった。彼女はうまく構成された性格の持ち主で、それは男だろうと女だろうと二つの職務をまっとうすることも、一つの籠に卵をたくさん詰め込みすぎないように用心することも可能にするものだった。

 If her married life were eventually to turn out a failure, at least she looked forward to it with very moderate expectations.  Her love affairs she put on a very different footing and apparently they were the all-absorbing element in her life. She possessed the happily constituted temperament which enables a man or woman to be a “pluralist,” and to observe the sage precaution of not putting all one’s eggs into one basket.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№75

彼女の恋愛はほぼ途切れることなく続いていったが、その行動がずっと支離滅裂なものだったせいで激しく苦しんだ。彼女は愛情にみちた関心を若者たちにむけたが、それはうそ偽りのないものであった。若者ひとりひとりの存在を隠そうともしなければ、互いを競わせるようなこともしなかった。また夫を漁ろうとしている狩猟家であるとも言えなかった。それというのも、彼女はどのような男と結婚するつもりなのか心に決めていたからだ。だが彼女の予定は、地元の知人たちが予想しているものとはあまり差異はなかった。

Her romances were mostly in serial form and suffered perhaps in fervour from their disconnected course what they gained in length of days.  Her affectionate interest in the several young men who figured in her affairs of the heart was perfectly honest, and she certainly made no attempt either to conceal their separate existences, or to play them off one against the other.  Neither could it be said that she was a husband hunter; she had made up her mind what sort of man she was likely to marry, and her forecast did not differ very widely from that formed by her local acquaintances. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№74

彼女は大半の男性から好かれた。だが一方で彼女を嫌っている女性の割合は、厄介なくらいに高かった。そのうちにと、彼女は思われていた。ビール製造業者か、オッター・ハウンド犬を飼っているような男と結婚するだろうと。そして間隔をあけずして、モールバーンとか、それと似たような学問の中心地で、男の子一人か二人の母親として世間に知られるようになるだろうと。彼女の本質の夢見がちなところは、田舎ではまったく理解されないものであった。

Most men liked her, and the percentage of women who disliked her was not inconveniently high.  One of these days, it was assumed, she would marry a brewer or a Master of Otter Hounds, and, after a brief interval, be known to the world as the mother of a boy or two at Malvern or some similar seat of learning.  The romantic side of her nature was altogether unguessed by the countryside.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№73

戯れてはその度に昔に戻るわけだが、それにしても戯れがかくも長らえたのはミス・マククェードの積極性に富んだ気づかいのおかげで、ヨールからの情にうったえる努力のせいではなかった。モーリー・マククェードの、狩りをする地の人々に知られている姿とは、乗馬好きの、月並みな型にはまらない女というもので、それは無理をしなくても「いい人」の分類にはいる女だった。それというのも彼女は十分に美しく、自分の不快については沈黙を守りながら、いささかなりとも、あるいは十分に鑑識眼のあるものについて、たとえば近所のひとの庭や子供たち、世間に人気のある猟犬について接したからだ。

The flirtation which was thus perennially restored to its old-time footing owed its longevity more to the enterprising solicitude of Miss McQuade than to any conscious sentimental effort on the part of Youghal himself.  Molly McQuade was known to her neighbours in a minor hunting shire as a hard-riding conventionally unconventional type of young woman, who came naturally into the classification, “a good sort.” She was just sufficiently good-looking, sufficiently reticent about her own illnesses, when she had any, and sufficiently appreciative of her neighbours’ gardens, children and hunters to be generally popular.  


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№72

夕食の献立も、可能なかぎり、そのときに近いものにこだわった。食べ物とワインの選択がーそれは学生らしい食欲にあふれたものではあったが、はにかみのせいで幾分遠慮もしながら、ずいぶん前に決めたものだった—こうした再会の折々にヨールにまとわりつく有様は、まるで溺れかけている男の過去の人生が、意識がある最後の瞬間に浮かびあがって映しだされているかのようだった。

 Even the menu of the dinner was adhered to as nearly as possible; the original selection of food and wine that schoolboy exuberance, tempered by schoolboy shyness, had pitched on those many years ago, confronted Youghal on those occasions, as a drowning man’s past life is said to rise up and parade itself in his last moments of consciousness.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№71

都合よく奥まっているベンチに腰かけ、リージェントパークにあるロンドン動物園の北部雉飼い場とむかいあうかたちで、コートニー・ヨールはあるレディと大人の恋の戯れにふけっていた。相手の女性は、たしかに外見は若いけれど、四、五歳はコートニーより年上だった。コートニーが十六歳の学生だった頃、モリー・マククェードは親しげに動物園に案内してくれ、その後でソーホーにある外国料理のケトナーズ・レストランでご馳走してくれた。それ以来、昔の祝祭日を祝う記念日に町にいるときには、ふたりは几帳面にこの日程をそのまま繰り返した。

On a conveniently secluded bench facing the Northern Pheasantry in the Zoological Society’s Gardens, Regent’s Park, Courtenay Youghal sat immersed in mature flirtation with a lady, who, though certainly young in fact and appearance, was some four or five years his senior.  When he was a schoolboy of sixteen, Molly McQuade had personally conducted him to the Zoo and stood him dinner afterwards at Kettner’s, and whenever the two of them happened to be in town on the anniversary of that bygone festivity they religiously repeated the programme in its entirety. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする