チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第435回

友人にむけて鉄砲を発射したところで悪くはないんだ。相手を倒すつもりがないのなら、自分がそうしないと分かっているのなら。それは小石を海に投げ込む程度の悪さなんだ。少なくとも、時々は海に投げこむからね。煙突の通風管を叩き壊したり、屋根を突き抜けたところで悪くはないんだ。他人の財産や命を脅かさないかぎりは。家に入るのに屋根を選んで入るとしても悪くはないんだ。基礎から床を開けて入ろうとする人と比べても。世界を歩き回ってから自分の家に戻ってきても悪くはないんだ。庭を歩き回ってから家に戻るようなものだ。自分の妻をあちらこちら、いたるところで見つけるのも悪くはないんだ。生きているあいだ、他を捨てて、彼女とだけと付き合っていきたいのなら。それは庭で隠れん坊をするのと同じくらい無邪気なことなんだ。そうした行動から悪党めいたものを連想するけれど、それは気障な付き合いをしているせいだ。質屋やパブに行ったり、そうした場所に通う姿を見られたりしたら、どこか漠としたものながら都合の悪く考えるようなものだ。そうした取引とは卑劣なものであり、つまらないものだと考えられているからね。だが、それは誤りである。

There is nothing wicked about firing a pistol off even at a friend, so long as you do not mean to hit him and know you won’t. It is no more wrong than throwing a pebble at the sea—less, for you do occasionally hit the sea. There is nothing wrong in bashing down a chimney-pot and breaking through a roof, so long as you are not injuring the life or property of other men. It is no more wrong to choose to enter a house from the top than to choose to open a packing-case from the bottom. There is nothing wicked about walking round the world and coming back to your own house; it is no more wicked than walking round the garden and coming back to your own house. And there is nothing wicked about picking up your wife here, there, and everywhere, if, forsaking all others, you keep only to her so long as you both shall live. It is as innocent as playing a game of hide-and-seek in the garden. You associate such acts with blackguardism by a mere snobbish association, as you think there is something vaguely vile about going (or being seen going) into a pawnbroker’s or a public-house. You think there is something squalid and commonplace about such a connection. You are mistaken.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.