サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 13章152回

三幕目の幕間で、彼がおしゃべりでざわめいている劇場を見わたしていると、誰かが彼の腕をひっぱった。それはレディ・ヴーラ・クルートだった。

「一週間後、あなたは外洋にでているのね」彼女はいった。「お別れの晩餐会には、わたしも伺うつもりよ。お母様に頼まれたからだけど。でも、いつもの馬鹿話をするつもりはないわ。あなたが馬鹿話とかをいくら好きでもね。時々、私は思うのよ。地獄にもいいところがひとつあると。それは他のどこにいるよりも地獄にいた方が、あなたにはずっといいんだと指摘するような無礼を、誰もはたらかないということだわ。さて、この芝居のことはどう思う? もちろん結末は予想がつくわね。きっと、あの女主人公は夫のところに告げにくるの。待ち望んでいた子どもがうまれるって。そうしたら、すべてがうまくおさまるわ。都合のいい話だけど、効果抜群ね。喜劇が悲劇の始まりとなって終わるわけね。それなのに誰もが口ぐちに『幸せな結末でよかった』と言いながら立ち去っていくのよ」

 

レディ・ヴーラは自分の席にもどりながら、口元にうれしそうな微笑みをうかべていたが、その目には計り知れないほど大きな疲労感がただよっていた。

 

In the third interval, as he gazed round at the chattering house, someone touched him on the arm.  It was Lady Veula Croot.

“I suppose in a week’s time you’ll be on the high seas,” she said.  “I’m coming to your farewell dinner, you know; your mother has just asked me.  I’m not going to talk the usual rot to you about how much you will like it and so on.  I sometimes think that one of the advantages of Hell will be that no one will have the impertinence to point out to you that you’re really better off than you would be anywhere else.  What do you think of the play?  Of course one can foresee the end; she will come to her husband with the announcement that their longed-for child is going to be born, and that will smooth over everything.  So conveniently effective, to wind up a comedy with the commencement of someone else’s tragedy.  And every one will go away saying ‘I’m glad it had a happy ending.’”

Lady Veula moved back to her seat, with her pleasant smile on her lips and the look of infinite weariness in her eyes.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.